発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 【本】「嫌われる勇気」 | トップページ | 誕生日の教訓 »

2014年3月22日 (土)

役者の「花」と「実(じつ)」

再び、麹町アカデミア「タカラヅカ学」第2回の話。
(色々考えさせられることが多かったので、何回かに分けてエントリしてます)

歌舞伎では、役者を評価するとき、「花のある役者」「実(じつ)のある役者」という言い方をするそうだ。

「花」のほうは、タカラヅカファンも「あの人は華があるよね」といった言い方はよくするからおなじみだろう(タカラヅカでは「華」という漢字を当てるのだと思うから、ここでもそう使い分けることにする)。
定義としては「おもしろきこと」「めづらしきこと」…つまり、観客をあっと言わせるような魅力ということらしい。いっぽうで、一過性のものでもある。

対する「実(じつ)」の方は、これはもう実力、演技力といったことだ。
こう聞いた瞬間にタカラヅカファンの頭の中でも「あ、あの人とあの人とあの人…は実のあるスターだわ」といった顔ぶれが思い浮かぶに違いない。
だが、現状のスターシステムの中ではどうしても「花」の人のほうが上に上がりやすく、「実(じつ)」の人がどうも報われない…といったこともある。
「花=観客をあっと言わせる魅力」ということだから、日々2000人の観客と向き合うトップスターには、まず「花」が求められるのは当然なんだろうけど。

だが、「実のあるスター」が努力で身につける「花」もあるんじゃないだろうか。
最近の「遅咲き」のトップさんはみんなそうだと思う。
「花」と「実」が両方備わっているのが役者として最高だそうだが、そういう遅咲きトップさんの舞台が魅力的なのは、まさに「花実兼備」だからなのだろう。

「花」だけでなく、「実(じつ)」のスターが生かされる場をつくっていくことが100年目以降のタカラヅカの課題だと思う。だから手始めに、ヅカファンの間でも「華がある」とともに「実がある」という言い方をもっと流行らせるのは、どうでしょうね?


※麹町アカデミア「タカラヅカ学」第3回(最終回)は4月9日です。

« 【本】「嫌われる勇気」 | トップページ | 誕生日の教訓 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【本】「嫌われる勇気」 | トップページ | 誕生日の教訓 »