発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 能と文楽 | トップページ | 「東西おかしな2人 ー第3章ー」開催します!! »

2014年3月14日 (金)

写真の撮られ方

フリーで仕事していると、個人の顔写真が求められることも多いのです。
私もそんなとき用の「勝負写真」を持っていたのですが、なにしろ撮影したのがもう×年も前…。
今さらこれを使うのは詐欺でしょうという罪悪感も大きくなってきたので、思い切って撮り直すことにしました。

撮影してくださったのは、KOKOROメソッドの西川心さん
彼女の撮影手法が面白くて、とても楽しい撮影タイムを過ごすことができました。

普通、撮影のときって「もっと笑って〜」なんて言われちゃったりするんですが、そうすると大概の人は引きつった笑顔になってしまったりするわけです。
でも、西川さんの場合はどうすれば良いかを、シンプルに身体の動きに落とし込んで指示してくれるので、とってもやりやすい!

たとえば、
「とにかく、口角を上げることを意識してくださいネ」
「目をつぶって、合図をしたら開けてみましょう(そうするとお目目ぱっちりで写るらしい!)」
「いったん顎をこちらに出して、それから引いてみましょう」
「首を(左右どちらかに)傾けて、ゆっくり動かしてみてください(そうすると、動かしている間に様々な表情が撮れるらしい)」

といった具合。
これならシロートの私でもできるし、撮った写真を随時見せてくださるので、効果も確認できるのです。

「体のライン」を意識するということも強調されていて、体をひねるヨガ的なポーズもしましたが、そうやってちょっとラインをつくるだけで、ぐっとエレガントな雰囲気が生まれたりするのにもびっくりでした。

「撮影開始時と終了時では、きっとずいぶん変わりますよ」とおっしゃっていましたが、本当に変わった気がしました。
最後には「このくらいの口角の上げ方でいい感じの笑顔になる!」みたいなことがつかめたような…きっと明日にはもう忘れちゃうんでしょうけど。
でも、女優さんなど「写真を撮られることを仕事にしている人」たちはきっと、「自分の体や表情をこう作れば、こう写る」っていう自分法則をたくさん知っているのでしょう。

常々私は、盛って盛って「女らしさ」や「可愛らしさ」を創っていくのが好きではなくて、シンプルでナチュラルなのが心地よいタイプなのですが、そんな私の志向を大事にしてくださったのもありがたかったです。

できあがった写真が送られてくるのは、約1週間後とのこと。
さて、そこからどんな私が新発見できるのでしょうか?
楽しみであります♪

« 能と文楽 | トップページ | 「東西おかしな2人 ー第3章ー」開催します!! »

ひとり仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能と文楽 | トップページ | 「東西おかしな2人 ー第3章ー」開催します!! »