発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 麹町アカデミア「タカラヅカ学」本ゼミ開講します! | トップページ | 「麹町アカデミア」単発受講もできるようになりました! »

2014年2月17日 (月)

中日経由→梅田ヅカ漫談vol.2

この土日は雪の東京を脱出し、名古屋→関西の遠征でした。

土曜日は16時半より中日劇場宙組「ロバート・キャパ 魂の記録」「シトラスの風2」
前日からの大雪により、中日遠征のお約束「ひつまぶし」ミッションの達成が懸念されましたが、新幹線は少々の遅れで済み、無事に観劇前の「ひつまぶし」もがっつり堪能♪

Photo1

「キャパ」は初演時から大好きな作品でしたが、今回は1時間半にぐっと凝縮され、キャストも一部変更されて、さらに見応えある舞台に仕上がっていました。

無名のアンドレ・フリードマン(鳳稀かなめ)は「ロバート・キャパ」という架空のキャラクターを創り上げることで世に出て行く。彼の場合は、やがて本人がキャラのほうに追いついてしまうわけですが…折しも今話題の事件と重ね合わせて色々考えてしまったのは、考え過ぎでしょうかね? 

その後、フェデリコ(蒼羽りく)そしてゲルダ(実咲凜音)と、愛する者たちを引き換えにするかのようにしながら、それでも表現者としての道を歩まざるを得ないアンドレ(キャパ)の生き様には胸打たれずにはいられませんでした。
タカラヅカとしては地味な作品ではありますが、この機会にひとりでも多くの方に観ていただきたいと思います。
どよよーんと胸打たれた後には、華やかなショー「シトラスの風」もついてますし♡

そして翌日曜日は、午前中にNHK文化センター梅田教室での講座(通称:ヅカ漫談)。そして午後は受講者の皆さんとのランチ会、花組公演観劇会のフルコースでした。

梅田のタカラヅカ講座は「受講者参加型」をモットーにしていますが、今回も皆さんには「梅・桜・桃・椿・菫」の5組に分かれていただき(もちろん組長も決定!)、大いに盛り上がりました。

恒例「組対抗ゲーム」では、
「ドンブラコ2014の配役はどうなる?」
「2020年(東京オリンピックの年)に上演されそうな作品と配役は?」
という2つのお題を考えていただきましたが、各組からは納得のご意見、ユニークなアイデアが次々飛び出し、かなり面白かったですよ〜。
お題1の皆さんからの回答は、次回の「ヅカ漫談vol.3」(6月14日開催予定)のときに、そして、お題2のほうは6年後の「ヅカ漫談vol.?」にて、しっかり検証したいと思います(笑)

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!!

Photo2
※NHK文化センター梅田教室のある梅田阪急ビルオフィスタワーからの見晴らしは最高!

« 麹町アカデミア「タカラヅカ学」本ゼミ開講します! | トップページ | 「麹町アカデミア」単発受講もできるようになりました! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麹町アカデミア「タカラヅカ学」本ゼミ開講します! | トップページ | 「麹町アカデミア」単発受講もできるようになりました! »