発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 無事終了!西宮トークイベント | トップページ | 【速報】ヅカ漫談@梅田PART2が開催決定! »

2013年10月26日 (土)

「風共」Wスカーレット

今回の宙組公演「風と共に去りぬ」はスカーレットほかいくつかの役がダブルキャストになっていますが…そのBパターンのほうも観て来ちゃいました。

で、七海スカーレットがとてもとても良かったのです!!!
美しくて高慢でエゴイスティックで、でもものすごく生き生きとしてる。女の嫌な部分と可愛い部分を併せ持った魅力的なスカーレットでありました。

役替わり初日から観ている人によると、だいぶ変わった(進化した)そうなので、場数を踏んで何か掴んだのかな? 
何よりカイちゃんらしく伸び伸びやってるのが良かったです。

Aパターンの朝夏スカーレットは、すごく素直で大らかで、「ホントはいいヤツじゃね?」と思えるスカーレットでしたが、対する七海スカーレットのほうがスカーレットのヤな部分もリアルに表現してる感じがしましたね。
血液型でいうなら、朝夏スカーレットはO型で、七海スカーレットはAB型って感じでしょうかね。
(お二人の本当の血液型は知りませんが…)

ま、どちらのスカーレットにも異なる魅力があるので、両方ご覧になるのがオススメです(^o^)
2人のスカーレットに受け止めるバトラーのお芝居も、それぞれ違ってて興味深いし。
朝夏スカーレットに対しては、バトラーのほうがヨシヨシと受け止める感じ。七海スカーレットに対するほうがバトラーが翻弄されちゃってる感じがしましたね。

…って、すでに2パターンとも観てこんなに語ってしまう私ってどうなの? 
東京在住なのに(>_<)

« 無事終了!西宮トークイベント | トップページ | 【速報】ヅカ漫談@梅田PART2が開催決定! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無事終了!西宮トークイベント | トップページ | 【速報】ヅカ漫談@梅田PART2が開催決定! »