発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 梅田トークイベント | トップページ | バウ「第二章」 »

2013年10月11日 (金)

宙組「風と共に去りぬ」

昨日はバウ「第二章」、今日は大劇場「風と共に去りぬ」を観て来ました。
両作品とも良かったので、東京で花組モードに入る前に感想などを書き留めておきたいと思います。まず「風共」から。

私、やっぱりスカーレットというキャラが本当に好きなんだなーと改めて実感いたしました。
スカーレットって良くも悪くも自分に正直すぎ。ひとことでいうと「おバカな女」ですよね〜
最後のくだりはまるで自分自身を見ているようで、マジで身につまされます(´・ω・`)
(最後、レットをスルーしてアシュレのほうにいっちゃうところ、バカバカ!!と思いつつ、かりに自分が同じ状況にあっても同じ失敗をすると思うので)

それでもいつだって生命力に溢れ、逞しい彼女が素敵だと思います。
今日の朝夏まなとさんは、そんなスカーレットを思い切り良く演じていて気持ちよかったです。
ヘンに「女役らしくしなきゃ」と縮こまらず、どーんと演じちゃってるあたりがすごくスカーレットぽかった!

役替わりで今度は七海ひろき君がどんなスカーレットをみせてくれるのかも楽しみです。

凰稀かなめさんのレット・バトラーはスマートかつワイルド!
文句なしのカッコよさ〜〜〜(*´ω`*)
そして、スカーレットにスルーされるときのあの表情が切なすぎます…
あの瞬間の表情こそが、その後の衝撃の展開を、説得力あるものにできるかの肝であると今日気付きました。

古典的な演出が多いけれど、展開はスピーディで飽きさせません。
とくに2幕最初、敗戦でどんどん時代が変わって行くさまの見せ方はわかりやすかったです。
結婚披露パーティーの場面で、レットが言う、
「親兄弟を殺されたのは、南部の人だけじゃないんですよ」
っていう台詞にグッと来てしまったのは、谷演出のせいなのかしらん…
(そういうのに弱い私)

曲も、ベタだけどなんだかんだいって耳に残るものが多いですよね。
ご婦人方の噂ソング「お聞きになった?」でさえも、ちょっと懐かしかったりして(笑)

東京に向けて、かなめさんのバトラーはさらに進化しそうで、楽しみ♪
あとは、緒月さんのベルあたりがさらに一皮向けそうと、予想しておきましょう。


考えてみれば、「風共」を観るのは2002年の日生劇場版以来11年ぶりでした。
初めてスカーレット「2」の存在を素直に受け止められたのも、ラストシーンで涙してしまったのも、おそらく今だから?
年を経た今だから感じられたこと、わかったこともたくさんあったような気がします。

« 梅田トークイベント | トップページ | バウ「第二章」 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅田トークイベント | トップページ | バウ「第二章」 »