発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 今さらですが岩手でボランティア体験記(その2) | トップページ | 男性ファンが集まった! »

2013年9月17日 (火)

「忙しいから」という言い訳

今日は箏のお稽古の日でした。
先月はお休みしちゃったから、久しぶり。緊張する。

で、前々から悶々としていたことを思い切って先生に質問してしまった。
私が通ってるとこは、月3回のお稽古で定額の月謝というシステムなんだが、

私「あのー、忙しいときだと、月3回お稽古に来るのが厳しいときってあるんですよね…そういうときって…(もごもごもご)」

口ごもる私に対して、

先生「割引できないかってこと? そういうことは邦楽の世界ではないのヨ」
私「やっぱりそうですよねー。ちゃんと3回お稽古に来いってことよね(´・ω・`)」
先生「いや、3回じゃむしろ足りないぐらいだけどネ」

ひゃー、やっぱりそうでした。
1回しか行けない月はお月謝も3分の1にならないかと考えた私があまちゃんでした。

誤解なきように言うと、私が通っているお教室は邦楽の世界の中でも飛び抜けて現代的で合理的でリーズナブルなところだ。
上記が世の中の常識とはズレてるってことも、わかっての回答だと思う。

でも、私はこの回答を聞いて、ここ数ヶ月の悶々が一気に解消して、とてもスッキリした。
ならばその条件下で自分ができることをやればいいと吹っ切れた。
もともと芸の道なんで、そんなに合理的な世界じゃないもんだ。
結局は、自分がどこまでやりたいか…だよね。

考えてみれば、才能も若さもない私のごとき生徒に対しても、
「忙しいんだったら仕方ないわね」
などと手を抜かずに厳しく向き合ってくれることのほうが、ありがたいことだ。

だから私も「忙しいから…」とかいう言い訳はできるだけしたくないといつも思う。
何だかそれって、せっかく分け隔てなく接してくれてる先生に対して失礼な気がするから。

限られた時間の中でせいいっぱい向き合う。
結局、それしかないってこと。


Gakufu
※三味線のバイエル「宮城道雄小曲集」の最初のページ。

« 今さらですが岩手でボランティア体験記(その2) | トップページ | 男性ファンが集まった! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。