発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 桃色体験ツアー(其の壱) | トップページ | 【申込受付開始】知るなら今でしょ!タカラヅカ@YOKOHAMA »

2013年8月25日 (日)

桃色体験ツアー(其の弐)

みんなでお昼ゴハン(デザートはもちろん桃!)をいただいた後は、いよいよ近所の公民館にてシロップ煮に取りかかります。

☆桃割り機、登場!
「ギロチンみたい」といわれていました^^;
この行程だけは危険だからということで、農家のおかあちゃん自らが担当。
20130825_133402


☆続いて、これまた独自の道具を使って種をくりぬきます。
私もさせてもらったけど、ホント才能なくてショボーン(´・ω・`)
種の周りにあまり実を残さず素早くくりぬくのは本当に難しい。
でも、すぐに熟達した人もいたので、向き不向きがあるようです。
20130825_133556


☆包丁とピーラーを使って皮を剥き…と、粛々と流れ作業が進みます。
20130825_134908


☆櫛形に切った桃は、いったんゆでて冷ましたものを、あらかじめ砂糖と少量の水を入れたビンに詰めます。
20130825_141402


☆桃をビンに詰めた状態。たくさん詰めた人が勝ち!
これは私、わりと得意だった (`・ω・´)キリッ.
20130825_142254


☆ビンの蓋を少し緩めた状態で大鍋に入れて30分ほど弱火で蒸します(脱気)。
これは、殺菌とともに、中の空気を抜くためだそうです。
20130825_144206


☆できあがりー!
ビンをひっくり返した状態で、冷ましてます。
20130825_154342


…てなわけで、今我が家にはこのシロップ煮と、熟し過ぎた桃で作ったジャム、リアル桃。
当面は桃色生活が続きそうです。

月並みな言い方なんですが、「食べる」ということは、農家の人たちが丹精して育てた命をいただくことなんだなあと改めて実感しました。
よーし、この秋は心して食べるゾ!(笑)

※このツアーを企画された「ほんものの食べものクラブ」から、近々「食」に関する本が出版されます(企画のたまご屋さんプレゼンツです!)。
どうぞお楽しみに〜。


« 桃色体験ツアー(其の壱) | トップページ | 【申込受付開始】知るなら今でしょ!タカラヅカ@YOKOHAMA »

ゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桃色体験ツアー(其の壱) | トップページ | 【申込受付開始】知るなら今でしょ!タカラヅカ@YOKOHAMA »