発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 三味線 | トップページ | 「リ僑」の飲み会 »

2013年7月 5日 (金)

【本】すごい講師の伝え方

最近やけにタカラヅカ講座の依頼をいただいてしまう私。
とってもありがたいことなんだけど「なんでなんだろー?」という疑問が頭から離れない。
別に私、人前で話すのがそんなに上手いわけでもないんだが??

…という話を、R社時代の元上司の中村喜久夫氏(=現在は講師として大活躍中!)からお電話いただいたときに、よもやま話でしたところ、

「だったらオレが最近出した本を読むべし」
「えええっ! いつの間にそんな本出してたんですかー! すごーい!!」
「ホームページにもお知らせを載せてある。…ていうか、そもそもオレのホームページを『お気に入り』に入れてないとはケシカラン!」

との、お叱りを受けた。
ひゃー出たよ喜久夫節キタ━━(゚∀゚)━━!!!

R社における上下関係は宝塚歌劇団並みに厳しい。先輩の言うことは絶対だ。
…というわけで、さっそくこの本を買って読んでみた。

そしたら、お世辞抜きで面白かった!!
まず、何が良かったかって、まえがきの、

「私はものすごく早口です。姿勢も悪い。背筋も伸びていません。笑顔を作るのも苦手です…云々」

ってところ。そして、

「それでも、わかりやすい説明だという評価をいただいています。つまり、必ずしも上手な話し方でなくても相手にきちんと伝えることはできるのです」

…という展開。
私はご本人をリアルに知っているだけに余計にそう感じるのかもしれないけれど(笑)、これ読むと「そうなんだ!だったら私でもいけるかも」と思えちゃう。

そんなスタンスで全編通じて書かれているので、「別にカリスマオーラもないし〜人前で話すのも得意じゃないし〜」という人(含私)に、とっても役に立つと思うのです。

また、最後の章では講師という仕事にいかに熱意と誇りを持って取り組んでいるか、みたいな話もアツく語られていて、はっきりいって感動しましたよ。
これ読むと、私などはまだまだ修行が足りませぬ。

「企画のたまご屋さん」のことも本文中で紹介してくださって、ありがとうございます!

なんだか、だんだん私信みたいになってきましたが、感謝も込めまして本を紹介させていただきました〜。
オススメです♪


« 三味線 | トップページ | 「リ僑」の飲み会 »

」カテゴリの記事

コメント

本の成果は来週の講義ですぐに見れますね!

楽しみにしてます。

でもこの1年でものすごく成長したと思いますよ~

(上から目線

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三味線 | トップページ | 「リ僑」の飲み会 »