発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「ヅカナビ」のバックナンバー | トップページ | 【速報】割とマジでタカラヅカ入門講座@YOKOHAMA »

2013年7月14日 (日)

周南の星☆がおり茶レポート

我らが「周南の星」(※注)、山口県が誇るタカラジェンヌ香綾しずるさんのお茶会に行って来ました。愛称「がおり」なので、以下「がおりちゃん」と呼ばせていただきます。

「お茶会」というのは、ホテルの宴会場などで行われる、いわゆる「スターを囲む会」。舞台やオフの話を聞いたり、ゲームや抽選会があったりするのですが、その話しぶりや振る舞いにもスターの個性が出るし、舞台からはわからない素顔が垣間見えたりするので、なかなか興味深いイベントです。

で、がおりちゃんのお茶会の面白さときたら「サイコー!」と胸を張っておすすめできるレベル。
あの面白さは何なんだろう? 単に話が面白いっていうだけでない、気持ちの良さがあるんですよね。毎回さんざん大笑いさせてもらった後で、不思議と元気がチャージされる感じがします。

おそらく、彼女独特のユーモアと温かさに包まれた「率直さ」が、気持ちの良さに繋がっているんじゃないかと思います。このスタンスは、伝えることを仕事にする者としても、大いに見習わなくちゃと思うわけです、いやマジで。

おかげさまで、これまでお誘いした友人のリピート参加率もほぼ100%。昨日はついに「×名以上お友達を誘ったら、がおりちゃんとツーショット」という基準をうっかりクリアしてしまったので、一緒に写真まで撮ってもらっちゃいました\(^o^)/

毎回感心するのは、テーブルごとに質問用紙を入れるボックスがあって、がおりちゃんがテーブルを回ってボックスから質問が書かれた紙を引いて、直接答えるっていうコーナーがあること。これって「変な質問があったらどうするんだ」「誰も質問を入れてくれなかったらどうするんだ」とか色々リスク高いと思うのですが、臨機応変に対応できちゃうところが、彼女のスゴいところなのです。

そして夕べは、我々のテーブルにもがおりちゃんが回って来てくれるチャンスがありました。当然ボックスには、皆で質問を書いた紙を溢れんばかりに盛っておいたのですが、彼女が引いてくれたのが何と、

「私は山口県に行ったことがないのですが、オススメの場所はどこですか?」

という質問だったのです!!
(あとで聞いたら、私の友人が書いてくれたものでした。ありがとう〜〜〜)

これだけでも充分テンションが上がった私だったのですが、さらにそのテンションをハイにさせたのが、がおりちゃんの答えの中のひとつに出て来たのが、

「やっぱり徳山動物園かなー♪」

だったこと。
これ、全国的には誰も知らないけど周南市民(旧・徳山市民)なら誰でも知ってる、おなじみの場所なのです。私も小学校のときには毎年動物の写生に行きましたよーああ懐かしい!! 今年もまた、ホッキョクグマには氷がプレゼントされてるんですねー。

そして質問の答えの最後を、

「山口県出身も私だけになってしまったので、がんばって宣伝したいと思いまーす!」

と締めくくってくれたとき、郷土愛に燃える私のテンションもMAXに!

だいたいですねー、山口県といえば、たとえ首相はいっぱい出しても、こと芸能系の人材に関しては不毛の地ですよ。その山口県で、しかも私と同じ周南市、同じ高校からタカラジェンヌが輩出するってだけでも滅多にないことですよ! その彼女がこれほどユニークなキャラクターで、組を支えるメンバーとして活躍してくれて、タカラヅカ100周年を迎える今、それを応援できるなんて、ヅカファン冥利に尽きることですよ!!(熱弁)

(あ、タカラヅカをあまりご存じない山口県関係者の皆様へ。順序が逆になりましたが、香綾さんは単にオモロいだけじゃない、歌良し、ダンス良し、芝居良しの、今や雪組を支えるメンバーでもあります)

ワタシに言わせるなら、温品投手と香綾しずるは徳山高校が生んだ奇跡の人材です (`・ω・´)キリッ.
おそらく今世紀中はもうないんじゃないかと思うわwww
徳高出身の皆さんは、要チェックですよ〜

Gaori_2


※注)「周南の星」とは、2011年全国ツアー周南市公演のカーテンコールにて、飛鳥組長ががおりちゃんを紹介するときに使ったフレーズ(私の命名ではありません)。この公演における客席の盛り上がりっぷりは異常で、その後開催された雪組ボーリング大会でがおりちゃん率いるチームにもこの名称が採用された模様(「歌劇」2012年7月号えと文124p参照)。

« 「ヅカナビ」のバックナンバー | トップページ | 【速報】割とマジでタカラヅカ入門講座@YOKOHAMA »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

初めまして!!栄嘉(エイカ)と申すものです。

2011全国ツアー周南公演、私見に行きました…っ!!
あのときの盛り上がりは異常でしたね
それはもう、トップスターさんの挨拶に流れを持っていきずらいほど…
(しかし、あの盛り上がりの後の音月さんの気の利いた挨拶には「さすが!!」と思った音月ファン(=゚ω゚)ノ)

私も山口出身ですので(もちろん徳山動物園には何度も行ったことあります。動物の写生もしましたよ~)
この記事読んで少し興奮気味なのですが( *´艸`)

本当に香綾さんは周南の星ですよね!

宝塚ファンであられるということで、中本さんに少し親近感が芽生えていたのですが、執筆活動をされていると…!!
(宝塚関係の書籍というものに手を出したことがなく、存じ上げておりませんでした。本当に無知でございまして…ご容赦ください…)
ぜひ読んでみたい!!と思いまして、明日あたり本屋に行く予定を今たてたところです!

宝塚を愛するだけでなく、その愛を形にできる力を持たれている中本さんもまた、周南の星だと思います(*'▽')
活動応援しております

はじめまして!
同じ山口県ゆかりの方に出会えて私も興奮気味ですっ\(^o^)/
がおちゃん応援は私の中では今や「町おこし」の一環なので(笑)ますます張り切って応援していきたいと思っています。

拙著にもご興味もっていただき、ありがとうございます〜
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ヅカナビ」のバックナンバー | トップページ | 【速報】割とマジでタカラヅカ入門講座@YOKOHAMA »