発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

2013年5月26日 (日)

NHK文化センター梅田「ヅカ漫談」が受付開始している件

先日こちらでもお知らせした、
関西初進出!NHK文化センター梅田教室での「ヅカ漫談」
ですが、ウェブ申込み(カード決済)限定ですと、すでに申込が可能なようです。

◆観劇チケット付き講座はこちら

◆講座のみ(観劇なし)はこちら

お電話など一般的なお申し込み開始は5月28日(火)の朝8:30からとなります。

タカラヅカ講座史上初(?)、「受講者参加型」の盛り上がる講座にできればと思っています。
西の皆さんはもちろん東の皆さんも、聖地に大集合して、タカラヅカの魅力を語り尽くしましょう!!

2013年5月25日 (土)

5月文楽「一谷嫩軍記/曾根崎心中」

5月文楽公演、観てきましたよ@国立劇場小劇場。
時代物の「一谷嫩軍記」と世話物の「曾根崎心中」。
どっちも好きな作品です。

「一谷嫩軍記」の熊谷陣屋は、忠義のためなら子どもも殺しちゃうという、今の常識から考えるとトンデモ話なんだけど、前回観たときは何故か号泣してしまった演目。
今日もじわっと泣いてしまいました。

豊竹英大夫さんの語りがアツかった!!
とりわけ印象的だったのは、我が子を手にかけた熊谷次郎直実に対する義経の、
「花を惜しむ義経が心を察し、よくも討ったりな」
と、出家する直実の、
「十六年もひと昔。夢であったなあ」
という部分。
それぞれ、万感の想いが感じられてグッときましてしまいました。

いっぽう、「曾根崎心中」は…。
天満屋の段を語った竹本源大夫さんの声量が小さかった気が。
床に比較的近い席だった私でさえそう感じたので、遠い席だともっと気になったのでは?
4月公演も休演されていたようですが、まだ本調子ではないのでしょうか。

人形遣いも、皆さんお目当ての吉田簑助さん×桐竹勘十郎さんのコンビは、ラストの天神森の段からの登場でした。
できれば天満屋の段の、有名な足サワリシーンもお二人で観たかったけど…仕方ないんでしょうかね。

「曾根崎心中」といえば、昨年のバウ公演「近松・恋の道行」の中でも出て来た演目。
かりに今回初めて観た人がいたとしたら、できれば各演者さんがもっと本調子のときにもう一度観て欲しいなあ…なんて。
おせっかいながら、ちょっぴり思ってしまいました。

Photo_4


2013年5月22日 (水)

レミゼを2パターン観た

先週の14日、そして今日と2週続けて「レ・ミゼラブル」観て来ました。

お目当てのキャストが観られるよう考え抜いて取ったチケットにも関わらず、相次ぐ休演でいきなりキャストが変わってムッとしたときもあったのですが、結論からいうと両公演とも素晴らしかったです!!
以下、勢い任せのアツい感想になってますので悪しからず。

まず14日はキムバルジャンのイケメンっぷりにオペラロックオン状態(*´ω`*)
そして、休演により新たにジャベール役を演じることになった鎌田誠樹さんも、最初はやっぱり地味かなあという印象だったのが、「Stars」のあたりから次第に入り込めるようになり、2幕は鎌田さんらしいジャベールになっていて、何よりそのガンバってる姿に心打たれてしまったのでした。

そして本日。
見目も歌も抜群でマイベストバルジャンかもとさえ思ったキムバルジャンを超えるのは難しかろうと思って臨んだ観劇でしたが、吉原バルジャンがこれまた予想をはるかに超えたバルジャンでした!
じつは吉原バルジャンって以前観たことあるんですが、そのときは大御所に混じった新人バルジャン感がいっぱいだったのに、今回はぜんぜん違ってた!
もう、冒頭から「オレが今回のレミゼを支えるんだぜ」的な気迫がみなぎってる気がしたのです。
だいたい頭も囚人っぽく丸坊主だし…。

そして、川口ジャベールがアツい! とにかくアツい!
1幕の「Stars」ですでに泣けてしまうアツい使命感に溢れてました。

Photo_4
※ちなみに、先週はロビーにこんなナイスなチラシが置いてあったのですが、今日はなくなってました。
(警視庁にもレミゼファンがいるのか疑惑)

そして、
上原くん目当てでチケット取ったはずなのにキャスト変更で1回も観られなくなっちゃったことにかなりムッとしていたアンジョルラス役なのですが…
新たに登場した杉山有大くんが、意外にも良かったのです〜(*´ω`*)
これまで観て来たカリスマ系アンジョとはひと味違う、なんというか母性本能くすぐられ系アンジョでした♪

今日のカテコ、吉原バルジャン&川口ジャベの笑顔がほんとに清々しくって、拍手もそこそこにオペラで凝視してしまってすいません。

大物がいない分、皆で盛り上げよう感が満載の、とても良いレミゼになっていると思います。必見です。


2013年5月16日 (木)

【速報2】「タカラヅカ入門 男性専科」やります!

梅田進出に続きまして、割とマジで大胆不敵(WMD)な講座を開催することになりました。
題して、

「タカラヅカ入門 男性専科」!!!
NHK文化センター青山教室

◆日時
9月18日(水)19時〜21時
9月25日(水)18時半公演(月組公演観劇会)

※講座のみの参加も可です。
※男装による参加は不可です。

このタイトルは青山の担当の方が考えてくださいましたが、なんだかナイスガイが集まりそうな感じがして非常に気に入っております(*´ω`*)

しかしながら…はたまたいったいどんな講座になるのやら?
正直に言おう、僕は怖い(笑)

お申し込みは5月29日(水)の朝9時半からとなりますが、我こそは!と思う男性ファンの皆様、今からスケジュールを空けておいてくださいね。

また、こんなことやって欲しい!というご要望、アイデアもお待ちしております♪

2013年5月 9日 (木)

【速報】ついに関西進出!!

最近、柏や青山、二子玉川といろんなところでタカラヅカ講座をさせていただいてますが、このたび念願叶って関西でもさせていただけることとなりました\(^o^)/

7月28日(日)11:30〜13:30
NHK文化センター梅田教室

…にて、開催いたします。
(午後は月組公演観劇会もあり)

しかも講座タイトルが、
「聖地で語り尽くそう!
中本千晶のヅカ漫談」

だって。

梅田教室の担当の方と「関西っぽいネーミングにしましょう」と考えた結果、こうなりました(瀑)
現在作成中の講座案内のゲラをみせてもらいましたが、かなりなインパクトです。

ちなみにこの日程、宙組バウの真っ最中となっておりますので、首都圏の方も遠征ついでに参加が可能となっております!
(友の会入力時にはそのあたりも配慮して入力しましょうネ)

お申し込み受付は、5月28日(火)からとなりますので、まだ早まらないで下さい。
近くなったら、またこちらで詳細をお知らせします。


「柏組ダンストークバトル」もいよいよあさってに迫りました。
こちらも、お待ちしています!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »