発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« にこたまタカラヅカ講座スタートしました | トップページ | 【速報】ついに関西進出!! »

2013年4月28日 (日)

怒濤の箏コンサート

嵐のような一日が、やっと無事に終わりました(´・ω・`)

今日は、沢井箏曲院35年記念コンサート
全国から400人ほどが一同に会する、一大演奏会だったわけです。

これだけの人数と、それから人数分の楽器が行き来するわけだから、舞台裏はそりゃもう戦場のよう。楽器の準備や調弦…いや、楽器の搬入時点からてんやわんやでした。

演奏会の事務局さんからは、こと細かな指示がいくつも出され、今日の私は「決められたとおり、スムーズに行動できるか」が一番の課題。演奏は二の次!?
とはいえ、大人数のこと、想定外のことが起こって、事前の予定どおりに行かないのは当然のこと。そーいった中で、臨機応変の対応をすることだって大切なわけです。
心配で夜も眠れない…といったら大げさに聞こえるけれど、実際に昨夜はあんまりよく眠れなかったぐらい(´・ω・`)

私は「いとたけ」「宙々」の2曲ほど出演したのだけど、たまたま曲と曲の間が詰まっていたため、人生初の
「早変わり体験」も!!!
妙なところでテンションの上がってしまった私ですが、実際のところは間に合うのか〜が、本当に心配で…無事に舞台に「出られた」ということだけで嬉しさひとしおでした。

でも、こんないいホールでの、気持ちをひとつに合わせての大合奏は…やっぱり楽しい!!
これは人生でも五本の指に入る至福の時といっていいんじゃないか??
…だから、やめられまへん。

推測ですが、タカラヅカ群舞の踊る側の楽しさも、近いものがあるんじゃないかと勝手に思ったり。

※この規模の演奏会だと、前日に某ホテルの和室で行われたリハーサルだけで一大行事。
箏がズラリとならんだ壮観をご覧あれ〜
Img_0141


« にこたまタカラヅカ講座スタートしました | トップページ | 【速報】ついに関西進出!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にこたまタカラヅカ講座スタートしました | トップページ | 【速報】ついに関西進出!! »