発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 台湾食べある記(長いです) | トップページ | にこたまタカラヅカ講座スタートしました »

2013年4月16日 (火)

新しくなった歌舞伎座

行って来ましたよ! ニュー歌舞伎座。
以下は主に、新劇場体験記です。

Photo

おっとその前に観劇した第二部の感想を5行ぐらいで書いとくと…。
弁天小僧って弁天小僧って〜〜〜お姫様に化けてもバレないくらいの超美男子かつ脱いでもスゴイ人にやって欲しいっていつも思うんだけどどうして歌舞伎では…(以下略)。
でも、「将門」の玉さまは、前半美しく後半迫力で、客席中がどよめいてました!!
これって雪組公演「雪之丞変化」で一路さんが劇中劇でやった作品なんですよね。
だから、本家本元を観られたのもちょっと嬉しかったです(以上5行)。

新サービスの「字幕ガイド」ってのを借りてみたけど…微妙でした。
舞台と手元の機械を両方みないといけないので、舞台に集中しづらかったです。
でも、イヤホンガイドが耳障りっていう人にはいいかもしれません。
それに、たとえば「白浪五人男」の自己紹介タイム(?)のような、七五調のよくわからない台詞は、漢字仮名混じりの記述を見て意味がわかるってのもあります。
今なら特価500円で借りられるので、一度試してみるのはいいかもしれません。

新しい歌舞伎座は、前とあまり変わってなかったです。
ていうか、そのことが驚き。
最大の変化はエスカレーターができたぐらいで、後は昔の劇場内がそっくりそのまま再現されてる!
これなら、昔ながらの歌舞伎ファンの方も違和感があまりないんじゃーないかと思います。

そして、私がこよなく愛する3階席名物「めでたい焼き」の長蛇の列も健在!!
私は開演17分前から並び始めたのに買えませんでした。
それで、10分の幕間にダッシュで買って食べましたけどね〜。
リッチな1階席の方が買うのは難しいでしょう(吉兆でも行っといてください)。
3階席庶民のための名物おやつであります。

558881_477009402372634_582162176_n

そうそう。
観劇後は、5階にある屋上庭園の見学も忘れずに。
いったん劇場を出て、地下1階に降りてから専用のエレベーターに乗って行きます。
新しい歌舞伎座は、従来型の瓦屋根の建物の上にオフィスビルがにょきっと突き出している形なのですが、その瓦屋根の屋上の部分に庭園が作られているってわけです。
24日からは「歌舞伎ギャラリー」もオープンし、さらに歌舞伎の扮装でなりきって写真が撮れる「歌舞伎写真館」もできるらしいです。
いずれやりそうで僕は怖い…。

Photo_5

地下のお土産売り場も広々としてにぎわってたし、全体的に観光名所としてはすごいバージョンアップした感じがしました。
お客さんは年配の方がほとんどだったなあ。
団十郎さんと勘三郎さんがいないのって、やっぱり淋しい。
…って、私ごときでさえ思うんですから、歌舞伎ファンの方のお気持ちはいかばかりかとお察しします。
エンターテインメントとしての歌舞伎は果たしてこれからどうなるんでしょうね?
なーんて、ちょっぴり考えちゃいました(>_<)


« 台湾食べある記(長いです) | トップページ | にこたまタカラヅカ講座スタートしました »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾食べある記(長いです) | トップページ | にこたまタカラヅカ講座スタートしました »