発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 同窓女子会 | トップページ | 魅惑の「南太平洋」 »

2013年3月15日 (金)

ほんもののサプライズ

よく、誕生日などに当の本人にはナイショにしてプレゼントやケーキを準備して驚かせたりする。
いわゆるサプライズってやつだ。

でも実際にはそういうときって驚くフリをしつつも、内心「もしかして、何かあるかもワクワク(*´ω`*)」と、思わず期待してたりするものではないかしら?
それで結局何もなかったら「私ってもしかして人望ないの? しょぼーーーん(´・ω・`)」などと、密かにガッカリしてしまったりするものではないかしら?

強欲かつ寂しがりな私にとって、そういう思いをするのは堪え難いことだ。
だったら始めから、自分の欲望を明らかにしておいたほうがいい。

だから毎年、誕生日が近づいたら「私、もうすぐ誕生日だから♪」と年甲斐も臆面もなく言いふらすことにしている。そのプレッシャーに負けて(?)プレゼントなどくれる人がいたら「わーいありがとー!」と素直にいただいておくことにしている。
今年も来週末に誕生日を控えて、週明けあたりから告知活動に入ればいいだろうと思っていたところだった。

と・こ・ろ・が…。
まったくノーマークだった昨日の某集まりで、お祝いをしてもらっちゃったのである。
これはまさに正真正銘のサプライズだった!

いやまじでびっくりしましたよ。
そして、心底嬉しかったし、一生に一度でも「ほんもののサプライズ」を味わえたことは貴重な経験だった。

(↓)その瞬間の私の表情
20130316_101758

作っていただいたケーキは本当に美味しかった。
自分で食べるだけではもったいないレベルだったので、ドヤ顔でここに貼っときます。

20130316_101945

いやもう、すっかり満足してしまって、もう何もいらないやって気分になった。
来週末の誕生日には、ひとりでシロノワールでも食べて、ひっそり過ごそうと思います。


« 同窓女子会 | トップページ | 魅惑の「南太平洋」 »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 同窓女子会 | トップページ | 魅惑の「南太平洋」 »