発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ロックオペラ モーツァルト | トップページ | シリーズトーク「タカラヅカ×??」やります! »

2013年2月26日 (火)

ブラックジャック先生が素敵だった件♪

タカラヅカ版「ブラック・ジャック」が良かったでゴンス!!

一見クールだけど優しくて、ほんのちょっぴりユーモラスなブラックジャック先生は、まさにまっつのハマリ役でした(*´ω`*)

そして今回はピノコがちゃんとヒロインだったのが私は嬉しかった!
初演では、タカラヅカの舞台に登場させるのがちと難しいキャラと考えられたんでしょう。ピノコちゃんがオマケのようにしか登場してなかったのがすごく残念だったので。
違和感なく登場できるようになったのは、時代も変わって「二次元の三次元化力」も大幅アップしたってことじゃーないかと思います。

バイロン侯爵&カテリーナ、カイト&エリの二組のカップルは、ブラックジャック先生によって救われるわけですが、真に救われたのは心のほうだったのでは?…そして、幸せを見つけた二組のカップルの影で、身を寄せ合って生きていくブラックジャック先生とピノコが切ないよー。゚(゚´ω`゚)゚。

周辺の役の若手たちの芝居がまた上手くて、「ザ・雪組」な感じだったのがこれまたツボでた。
ほたてちゃんのトラヴィスとか、よくみたら何てことのない役なのに、一挙一動がいちいち面白くて!!

私の観た回には、終演後にミニトークショーがついてたのですが、とても「ミニ」とはいえないくらい長かった(>_<)
このトークショーで思ったんですが、まっつって素敵な人ですね♪
(今さら気付くな)
周りへバランスよく話を振りつつ、お客様にとってつまらない話は絶対に言わせないぞっという気配りぶり、その厳しさと優しさが、まさにブラックジャック先生でした。
そして、襟元の赤いボータイが可愛かった♪

まなはる演じる山野先生の髪型は、某有名美容外科の先生を参考にし、「普通だけど普通じゃない」路線を狙ったこだわりの髪型らしいです。
そして、手術はできないけど検査は得意な山野先生の大学時代の研究テーマは、命に関わることはないけどとても身近な、とある皮膚病だそうな。
(詳細は直接お問い合わせください(笑)
「これ…言っちゃっていいんでしょうか?」と何度も言って、すみれコードを気にしている様子が微笑ましかった。ああ、夢の世界ってこういう気遣いで守られているんだなーとちょっと感心しちゃいました。

« ロックオペラ モーツァルト | トップページ | シリーズトーク「タカラヅカ×??」やります! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロックオペラ モーツァルト | トップページ | シリーズトーク「タカラヅカ×??」やります! »