発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「スターファイル」への入り方 | トップページ | 江副さん »

2013年1月20日 (日)

大豆格差社会

「ほんものの食べ物くらぶ」の手島さん他の皆さんがやってらっしゃる「大豆の種まきから味噌作りまで」という体験ツアーに参加してきました。
といっても、大豆の収穫はもう終わってるんだよね(´・ω・`)

つまりタカラヅカでいうなら、一本もののフィナーレで銀橋下手からせり上がるとこから参加するようなもの!?
…まーいいや。参加することに意義があるってことで。
初めて「フレッシュひたち」に乗って、茨城県石岡市までゴー!

で、今日やったのは「大豆の選別」という地道な作業。
昨年収穫し、乾燥させた大豆を、

Aランク:形、色ともに申し分ないもの→販売用。
Bランク:色が紫がかっていたり、シワっとしてたりしているもの→これを味噌作りなどに使用。
Cランク:黒ずんでカビてたり変形してたり、これはちょっと食べたくないぞっていうもの→
肥料などにする。

…の3ランクに選り分けるのであります。
通常は機械でやるんだそうだけど、今日はお盆(私はパイ焼き皿でやった)に大豆をざらりと広げて、1つ1つ手で選り分けていきました。

201301201100000

こんな感じ。右からAランク→Bランク→Cランク。

この作業をやると、Aランク入りするのがいかに難しいかってのがわかる。
まさに、大豆だって格差社会(´・ω・`)
今日、手で選り分けたものだって、お店に売っているものにくらべれば、まだまだそんな綺麗じゃない。
売り物になる大豆はぴっかぴかの特Aランクなのだ。私たちってば、それをフツーの大豆だと思って食べてるのねって、今日初めて知りました。

いつもバーチャルで頭デッカチな日々を過ごしている私みたいな人間には、こんな風にまさに「地に足のついた」時間が必要なんだと思います。
というわけで、来月はいよいよ味噌作りにもチャレンジしてくる予定。


☆もっとキレイな写真満載のブログはそのうちアップされるでしょうから、そしたらまたこちらでもリンク貼りますね。

« 「スターファイル」への入り方 | トップページ | 江副さん »

ゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「スターファイル」への入り方 | トップページ | 江副さん »