発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 映画版「レ・ミゼラブル」 | トップページ | 映画「英国王のスピーチ」 »

2013年1月 6日 (日)

ゲーム「逆転検事2」攻略!

年末年始のお休みを利用してコツコツやっていた「逆転検事2」、本日さきほど全て攻略しましたー!
もちろん、ヅカ版の予習のためでございます。

で、感想は…予想以上に面白かった!!
これまでのシリーズの中では「逆転裁判3」が私は一番好きなのだけど、越えるとはいわぬまでも、匹敵はするぐらいに楽しませてもらえました。

これまでのシリーズでは、1話、2話ぐらいまでは「小手調べ」だったのに、今回は1話からかなり重くてやり応え十分。しかも、1〜5話が全部繋がっているから、かなり壮大なストーリーとなってます。最後に明かされる「黒幕」は意外といえば意外だったけど、最初に登場時からウサン臭さは感じてたから、納得ではある…。

全編が「親子の絆」がテーマになっていて、感動的でもあります。個人的には、登場時にはムシズが走るぐらい大っキライだった弓彦さんが最後にはけっこうお気に入りになっていて、そんな自分の変化にビックリでした(笑)

過去シリーズの愛すべきキャラやエピソードもふんだんに出て来て、シリーズへの愛が感じられたのも良かったです。ゲームとしての仕掛けも、「カガク捜査」から「ロジックチェス」までふんだんで、シンプルだった「逆転裁判1」の頃が懐かしいぐらい。きっと、プログラミングの世界もすごいスピードで進化してるんですねぇ。

「逆転裁判3」までは、巧舟さんという、ひとりの天才ストーリーテラーのセンスが光る作品だったけど、「逆転検事2」はチームワークで創り上げた作品だなあ、とも。
ことクリエイティブの世界では、ひとりの天才の力に叶うものはないと思っていたけど、チームワークでもここまでできる、というのはひとつの希望だと感じました。
(あ、このあたり不勉強だったらごめんなさいです)

…で、気になるのは、9日に初日を迎えるタカラヅカ版「逆転裁判3」では、果たしてどの部分が舞台化されるのか、それとも全く関係ないのか?ということ。

登場人物と海外版のネーミングから推測するに、

グレゴリー・エッジワース(蓮水ゆうや)=御剣信
ラリー・バッツ(凪七 瑠海)=矢張政志
タイレル・バッド(愛月ひかる)=馬堂一徹

で、この3名のキャラが活躍する「第3話」がベースなのかなぁとも思いますが…。
どうなんでしょうね??

ワタシ的には、この第3話に登場する「ダンスイーツ」というテレビ番組の(ダンスしながらスイーツを作る)、テンカイチさんとツカサちゃんのデュエットを、ぜひぜひタカラヅカで再現して欲しいんですけど〜。
なにせ音楽といい、衣装といい、タカラヅカにぴったりだと思うんだけどなぁ〜。

おとぼけクールな御剣検事は、悠未さんのキャラにぴったりだわぁと改めて思いながらプレイをしておりました。
9日の初日情報が楽しみです!!

« 映画版「レ・ミゼラブル」 | トップページ | 映画「英国王のスピーチ」 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画版「レ・ミゼラブル」 | トップページ | 映画「英国王のスピーチ」 »