発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 新刊の表紙! | トップページ | タカラヅカ講座vol.2@NHK文化センター青山 »

2012年10月28日 (日)

カイちゃんお茶会♪

昨晩のカイちゃん(宙組の七海ひろきさん)のお茶会はあまりに面白く、そして心打たれるものでした。
今朝もその余韻に浸っております〜(´∀`)

現在、東京宝塚劇場にて上演中の「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」にて、双璧の一翼ミッターマイヤーを演じているカイちゃん。宝塚でのお茶会では双璧話で終始してしまったらしいので(それも聞きたかった!)今回はもっといろんな話を…ということでしたが、いやーそれでも役づくりに対するアツい想いがガンガンに伝わって参りましたわ。

もちろん「プロージット!」の乾杯の音頭ではじまったお茶会。

白兵戦の場面の鎧みたいな白い衣装。原作を知らずに来る他組ジェンヌがいちように「こんなの着なくちゃいけないなんてお気の毒…」的な反応をする中でただ一人、雪組の早霧せいなさんだけが「カッコいいよねー!」と言った(笑)という話はすでにツイッターでも話題となってますね。

あとはオフレッサー役の風馬翔くんが、舞台で使ってる巨大斧を「舞台が終わったら私にくれないかなー」と言うので、「いったい何に使うの?」と聞けば、「キラキラにデコって枕元に飾るんです」といったとか、「そしたら万が一泥棒が入ったときも安心ですし〜」って言ったとかいう話も笑えました。

「嵐にしやがれ」に出演したときのエピソードも、彼女らしい観察眼が光っていて面白かったですねー。ギャラリー全員が嵐ファンという、ある意味アウェイな状況(?)の中で、最下級生のカイちゃん、盛り上げるためにいっぱい質問してがんばったらしい。でも、後半のショーの場面ではギャラリー全員が嵐のほうしかみてなくって淋しかったらしい。…大丈夫、私たちがお茶の間から見てたから!

「マイブームは何ですか?」の質問に対しては、「今は銀河英雄伝説のことで頭がいっぱいなので、マイブームとか作ってる暇はありません (`・ω・´)キリッ.」だそうです。博多座ではオーベルシュタイン役をやることになったカイちゃん、東京公演が終わったらオベ様目線で原作を再び見直さなくっちゃいけないといっていました。

しかし、私が一番感動したのは、最後の挨拶のときに読み上げてくれた、便せん3枚にわたる「お手紙」でした。お伝えしたいことをうまくいえなかったらいけないので、わざわざお手紙にまとめてきてくれたらしい…。それは、ファンの方々への感謝とともに、「でも、私は悪とは徹底的に戦うタイプだし、間違ってる人は反撃も恐れず注意してしまう、そういうところもあるけれど、良いところも悪いところも含めた私をみて欲しい」し、「とにかく私は芝居バカだから、舞台上でのちょっとしたしぐさや目線の配り方などにもこだわりがある。そういうところを見て欲しい」といったことが綴られてました。

そのメッセージからは、今、やっとやっと自分への「風が吹いて来て」、よーしがんばるぞ! やったるぞー!っていうアツい想い、良い意味でのガツガツした感じが伝わってきたので、こっちまで胸熱になってしまったのでした。こうやって役者さんが一皮むける瞬間を目の当たりにできるのは、ほんとラッキーなことだと思うのです。

今日はこれから日比谷、銀英伝マイ東京初日です。
この感動を胸に、これから疾風ウォルフに会いに行って参ります!

« 新刊の表紙! | トップページ | タカラヅカ講座vol.2@NHK文化センター青山 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊の表紙! | トップページ | タカラヅカ講座vol.2@NHK文化センター青山 »