発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の記事

2012年9月30日 (日)

花組「サン=テグジュペリ」が不覚にも面白かった件

遅ればせながら、ようやく花組公演を観て参りました。
お芝居「サン=テグジュペリ」、正直、あまり良い評価を聞いてなかったんだけど…いざ観たら…これが意外にも面白かったという…((( ;゚Д゚)))…

「仮面の男」のときもそうだったけど、どうやら時折私の好みはヅカファンの中ではマイノリティに属してしまうらしい。

初め、「なぜに谷先生が星の王子様?」と不思議に思ったのだけど、観てわかりました。昔、轟さんのバウ主演作で「アナジ」っていう海の男の物語があったけど、まさにこれの空バージョン(笑)
実際、飛行機乗りたちが銀橋で歌う歌がことごとくアナジっぽかったのが、個人的にすごいツボでしたwww(昔すぎる話ですみません)
ただ、チームワークが大切な海の男たちと違って、空の男たちは個人プレイ(歌詞でも「俺たちはライバル」っていってたし)なので、ちと盛り上がりに欠けるのが、空バージョンの不利なところなわけですが…。

「空に夢を賭ける男たち」の物語。これがこの作品のひとつのテーマ。
で、飛行機乗り同士が芝居する場面が随所にあるんだけど、これが、「野郎」って言葉が相応しいような、男臭くて芸達者な花組男役たちの面々にぴったり合ってたのがまず良かった〜。
この手の場面は、見てくれだけのキャリアの浅い男役がやると非常につまんないものになってしまうからね。
(実際、今回も一部ちょっと引き出しが足りないんじゃないかなーという場面はあった)

そして、サンテックスと妻コンスエロの一筋縄じゃいかない愛の軌跡。これがテーマのその2。
一目惚れで結婚はしたものの、「子どもの心を持ったままの似た者どうし」でちっともうまくいかない2人が、「星の王子様」に含まれるエッセンスでもって次第に心を通わせていくという趣向。たとえば、サンテックスの親友ギヨメ(壮)が、「星の王子様」に登場するキツネに成り代わって、迷えるコンスエロに「心の目でみつめること」を教えるとか。これがなかなか面白い。まぁ2人が心を通わせるというか、大人になったのはコンスエロのだけで、サンテックスのほうは最期まで子どものまま天国に行っちゃった感じだったけど。

出演者座談会などでもサンテックスは「変な人」だったと言われているけど、事実最後までほんとワガママに生き抜いた人だ。冒頭で「サンテックスのことは理解できない」っていうセリフもあるとおり、訳分かんない人でもある。それがこの人の魅力でもあり、出版業界的にいうと「ベストセラー作家になる人ってそーいうもんよね」とも思う。

でも、少なくとも妻や恋人を幸せにするタイプじゃーないよね。そして、妻のみならず、ネリーという女性も必要としてしまうところが、女の目から見ると我慢ならないところでもあるけれど、やっぱり彼はそういう人だったんだと思う。私自身はこういうタイプの男性は好きだからいいんだけど(だからリア充になれないんだけど)、ヅカファン一般にはウケが悪いタイプかもしれない。それが、この作品の評判がいまひとつな理由でもあるのだろう(加えて、真面目さと健全さが持ち味の蘭寿さんには、この役がしっくり来ない感じもちょっとした)。

まあ、そもそも谷先生の作品って「私」を捨ててもっと大きなミッションに走ってしまうタイプの主人公(=女心を踏みにじって平気な男)が多い。それが作風なんだから仕方ない。でも私はそういう生き様が案外好きだったりする。

話それるけど、桜一花ちゃん演じるネリーってほんとカッコいいよね。彼の物語には登場できないけど、そんな彼の創作に必要不可欠な人。ああいう粋で懐の深い女性になってみたいものだ。おそらく、コンスエロは男としてのサンテックスを求め、ネリーは作家としてのサンテックスの理解者だったのでしょう。

そして、テーマその3のキーマン、それは、だいもん(望海)演じるドイツ人ホルスト! 最初に出て来たっきり全然出て来ないから「どうしたんだー」と思ってたところにいきなり蛇で登場し、そして最後の種明かしがなされたときは痺れましたねー。今日は初見だったし。

勝手な想像ですが、谷先生がこの作品のプロットを考え始めたときに、このホルストの役は、ごく初期の段階からあったんじゃーないでしょうかね。世界中が暗闇と混乱に向かっていったこの時代に、「目には見えない大切なもの」を追い求め続けた男がいた。そしてその心が結晶化した作品が、敵国の人をも動かした。でも、戦争という残酷な現実のもとでは、そんな彼がサンテックスを死に追いやってしまう。それもまた人間…。これが、この作品のテーマその3だろう。

てなわけで、これは極めて硬派な作品だと思うわけですよ。ゆえに、プロローグの「星の王子様」ははっきりいっていらなかったんじゃーないかなーと、個人的には思う^^;どうせなら、男の中の男、死をも恐れぬ飛行機乗りたちの愛と友情の物語に、徹底的にしてしまえばよかったのに。

ショー「コンガ」に関しては文句なし! こっちはタカラヅカ史に残る名作ショーになる可能性もあるんじゃないだろうか。
再演もありだと思ういっぽうで、今のメンツ以外での上演は想像できないくらい。
蘭寿さん、さっき芝居のほうの役が「しっくりこない」とか書いちゃったけど、その分ショーのほうが200%しっくり来てるから、まあいいんじゃないかってことで〜

2012年9月28日 (金)

バレエの「オネーギン」

タイトルに惹かれて、東京バレエ団の「オネーギン」を観て参りました。
以下は、「タカラヅカ版オネーギンが脳内デフォルトな人の感想」なので、とくにバレエファンの方には悪しからず、です。

バレエバージョンは全3幕。
1幕:タチヤーナ、オネーギンと出会って一目惚れ。お手紙出しちゃうまで
2幕:オネーギン、タチヤーナを振ってオリガにちょっかい、決闘してレンスキーを殺してしまうまで
3幕:オネーギン、タチヤーナと再会するも拒絶されてしまう
…という構成。

当然、ロシア革命話も出て来ないし、傷心のオネーギンが革命に身を投じちゃったりもしない…。
ていうか、プーシキンらしき人も出て来ない。
きわめてシンプルなお話です。

で、脳内が轟オネーギン様デフォルトになっている私は、2幕まで観たところで非常にショックを受けてしまったのでした。
なぜなら…オネーギンがひたすらイヤなヤツだから。
タチヤーナの振り方にしても、轟オネーギン様の場合「こんな私に貴方は相応しくない」という言い方で、ただの方便かもしれないけれど、でも納得感がありました。ところがバレエでは完全に「ふん。こんな田舎娘。ウザっ!」みたいなヒドい感じなんだもの〜;;

ところが、これが3幕まで行くと、そんなオネーギンが急に可哀想になってしまい…
これは、愚かで哀れなるひとりの男の物語なんだなーと思ったのでした。
逆にいうと、タカラヅカ版のオネーギンがいかにカッコ良く見えるように脚色されていたかという! 恐るべきヅカマジックに今更ながら感服です。

対するタチヤーナのほうが、とっても魅力的な女性に描かれています。
1〜2幕の純真で知的な少女時代から、3幕の大人の女性への変貌ぶりも見事で、これは演者としてもやりがいのある役なんだろうと思いました。

カップルで踊るパ・ド・ドゥがどの場面もスゴイです。
私が驚いたのは、1幕でタチヤーナがオネーギンのことを想って踊る場面が、オネーギン役の人が登場するにも関わらず完璧に「妄想」にみえたこと。
最後の、人妻となったタチヤーナが、少々よろめきつつも(?)最終的にきっぱりとオネーギンを拒絶するくだりも、息をのむ迫力でした。
逆に、冒頭のオリガとレンスキーはまったく対照的な雰囲気。ここがリア充であればあるほど、その後の悲劇も際立つのではないでしょうか。
バレエをみるといつも、パ・ド・ドゥによる表現の幅の広さにつくづく驚かされてしまいます。普段はリフトで男役が娘役をくるくる回しただけで、お見事〜となっちゃいますから(笑) やっぱり、女性同士って大変だし、限界があるんですねと改めて思っちゃいます。

お話がシンプルな分、登場人物それぞれの心の動きが、「踊りのみ」で深く細やかに表現されているのがすごく面白かったです。
また、いろいろな踊り手で観てみたいなーと思ってしまう作品でした。


そして、唐突ですが結論。
結婚するならやっぱりグレーミン公爵ですね(´・ω・`)

2012年9月26日 (水)

お知らせ(NHK文化センター青山教室@TAKARAZUKA)

以前、こちらのブログでもご案内した、NHK文化センター青山教室@TAKARAZUKAですが、おかげさまで観劇セット講座は満席となりました\(^o^)/

講義のみは受け付けておりますが、こちらも「残席わずか」とのこと。
ご興味ある方はお早めにお申し込みくださいませ〜。

<お問い合わせ・お申し込み>
@ NHK文化センター青山教室
TEL 03-3475-1151(平日9:30‐20:00/土9:30‐17:30)
観劇会付き(満席となりました)
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_786621.html
講義のみ
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_772851.html

2012年9月20日 (木)

☆組全ツのミーハー過ぎる感想

☆組全国ツアー観てきました〜@神奈川県民ホール。
例によってめっちゃミーハーな感想メモでありんす。悪しからず。

「琥珀…」は花組で春野さんが主演したときのものを観たことがあります。
オサさんの不健全で退廃的な香りを秘めたクロードがとても好きでしたが、今回の健全で純粋すぎるクロードもきゅんとさせられましたあああ!!

おさクロードのときのツボ台詞は、
「(マジョレ湖に)一緒に、行ってみますか…」
だったのですが、ちえクロードのツボ台詞はズヴァリ!
「可愛い…抱きたい…」
です!!
もう、これはやばいやばいやばいやばい(*´ω`*) ←大興奮

(ていうか、清く正しく美しいタカラジェンヌがこーいうお芝居してしまっていいのか??謎)

対するシャロンの夢咲ねねちゃんは、一皮むけた大人の女!
これまでとは全然違って見えたのがすごいなあと思った。

ルイ役の十輝いりすさんがまた良かった!
こういうエキゾチックな雰囲気をたたえたジゴロってパリにいそうな気がする。
(ってジゴロと付き合ったことないからよく知らないけど…)
正直、宙のときは数多いる長身男役スターの中のひとりから抜け出せてなかったけど、まさこさんならではの役ってのを初めて観た気がしました〜^^
ちえクロードとのライバル兼同志的な掛け合いも息がぴったりだったし。

そして音波みのりちゃん、今のタカラヅカの中での私的イチオシ娘役なんですけど、久々に見応えの役が来てうれしかったー。
フランソワーズって、まっとう過ぎるゆえに、一歩間違うとイヤな感じになっちゃう難しい役だけど、彼女がやるととっても説得力を感じさせる。
本来的に私はフランソワーズのような女性は嫌いですが、それでも「わかるわぁ」と思ってしまった。
彼女にはこれからも是非活躍して欲しいわぁと切に願うばかり。

というわけで、主要キャストの4名がいずれも素晴らしくて、今の☆組ならではの「琥珀…」になってたと思います。

ショー「セレブリティ」は、東宝でやったばかりなので新鮮味はないけど、配役ががらっと変わっているのが楽しかった。

最強はやっぱり、ダイヤモンドハンターの女装しーらんでしょう!
とにかくかーわーいーいー(*´ω`*)
しかも、すぐ前の場面では悪役の「ボス」なのに、豹変ぶりの触れ幅がスゴ過ぎる。
その可愛いダイヤモンドハンターちゃんが、はけ際に「いくぞ!」みたいに男言葉風になるのがまたいい!

平日の昼公演なのに、立ち見まで出ていてびっくりしたけど、さもありなんだったわ〜。

終演後は同行の友人と小龍包食べて帰りました♪

2012年9月17日 (月)

ハイスクール歌劇団☆男組

銀河劇場で「ハイスクール歌劇団☆男組」っていう舞台をやっているので、後学のため観てきました。

物語はいたってシンプルな青春物語。
とある男子校と女子校が「市民文化祭」で競演することになった。出し物は両校とも「ロミオとジュリエット」。
男子校のほうは、「女の子にモテたい」という不純な動機で集まったグループ(これが「ハイスクール歌劇団☆男組」)だけど、女子校のほうは全国大会で1、2を争う本格派な演劇部。

最初はまったくソリのあわない両校。それが、ふとしたきっかけから「競演」でなく「共演」することになり、すったんもんだありつつも、最後は一丸となってひとつの舞台をつくりあげる、ついでにカップルも続々誕生…という、笑いあり涙ありの物語だ。

それはそれで楽しめるんだが、なにゆえ「タカラヅカ」じゃなくちゃいけないんだ???
…っていうのが、ワタシ的にはどうにも引っかかって仕方がなかった。

この作品、名古屋の男子校に実在する「カヅラカタ歌劇団」をモデルにして作られたお話らしい。10月6日には、ドラマ版も放映されるようだ。

劇中劇が「ロミジュリ」ってところが明らかに今のタカラヅカを意識してるし(おまけに衣装もちゃんと、モンタギュー家が青系、キャピュレット家が赤系でまとめられていた)、高橋愛ちゃんは劇中でロミオ役を演じるとき、スターブーツを履いていた! ポスターやプログラムには、ヅカメイクしたキャストたちの写真がズラリと掲載。締めくくりは、全員のラインダンスだ。

だけど、客層はヅカファンとはほとんどかぶってないようだった。若い女性がメインで、一部、高橋愛ちゃんファンとおぼしき男性。みんな、お気に入りの男優さんの女装や、女優さんの男装を「意外とカワイイ〜」などと喜んでる風だった。

みんな、いわゆる「タカラヅカ風」を楽しんでるって感じ。それが「タカラヅカ」である必然性なのかな。でも、本物のタカラヅカには、さして関心がないのかもしれない。世間一般が面白がるのは、あくまで「タカラヅカ風」ってことか。


うーん…なんか微妙(´・ω・`)
タカラヅカファンとしては、受け止めるのがなかなか難しい舞台だった。

演出や振付などからはタカラヅカへのリスペクトも感じられるところもあり、ヅカファンとしてはうれしくもないけれど、怒りに震えるほどでもないという、まさに「微妙」なライン。
むしろ、この機会を逃さず、「本物のタカラヅカももぜひ!」と、公演チラシぐらい配っちゃうぐらいの度量があってもよかったのかもしれない!?

2012年9月 6日 (木)

第2回NHK青山タカラヅカ講座のご案内

すみません!
ばたばたと過ごしているうちに、いつの間にか「銀河英雄伝説」の初日の幕が開き、「タカラヅカ講座」の申し込みも始まってしまっていました。

参加希望の方は、お早めのお申し込みを。
今回は、原作をご存じない方でも楽しく観劇できるようなお話をがっつりと、させていただきたいと張り切っております\(^o^)/


☆もっと楽しむ! タカラヅカ☆
~宙組公演「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA 編~

銀河の歴史がNHK文化センター青山教室でもまた1ページ!
タカラヅカ講座の第2弾!今回は、ロングセラー小説をもとにした話題の宙組公演「銀河英雄伝説」のみどころを徹底解説。
さらに公演にちなんだお菓子もお召し上がりいただき、五感でその世界を堪能します。

日時:11月6日(火)
講義13:00〜14:30
観劇15:30〜18:30
※観劇後には希望者にて懇親会も催したいと企画中です(詳細未定)。

場所:NHK文化センター青山教室

<お問い合わせ・お申し込み>
@ NHK文化センター青山教室
TEL 03-3475-1151(平日9:30‐20:00/土9:30‐17:30)
観劇会付き(満席となりました)
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_786621.html
講義のみ
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_772851.html

@ NHK文化センター柏教室(共催)
TEL 04-7148-1711
観劇会付き(満席となりました)
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_826041.html
講義のみ
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_809771.html

※おかげさまで「観劇会付き」講座は満席となりました。
「講義のみ」も「残席わずか」となっております。青山教室よりお申し込みください。
(9月26日現在)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »