発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 轟悠ディナーショー『Fever!』 | トップページ | 第2回NHK青山タカラヅカ講座のご案内 »

2012年8月28日 (火)

舞台版タイバニ

ツイッターのフォロワーさんが声をかけてくださったのがきっかけで、TIGER & BUNNY THE LIVE(舞台版タイバニ)に行って来てしまいました。
「逆転裁判」をタカラヅカでやると聞けばゲームを全部やって廃人化してみたり、「コードギアス」が舞台化されると聞けばアニメを全部見てハマったりしてるもんだから、おそらく白羽の矢が立ったのでしょう。

※以下、流儀がちょっとわかんないんですが、ネタバレだったらごめんなさい。

お台場に着いたときから、すでにアウェイ感満載(´ω`)
客席に入ると立ち見の方もいっぱいで、私ごとき初心者が観るのが申し訳ないような…

幕が開いてしばらくは、いつも観ている舞台とあまりに違うのでけっこう面食らいました。
これってタイトルのとおり、まさにライブなんですね〜
舞台の上だけで物語が進行するんじゃない、劇場空間そのものが物語の舞台って感じになってる。と思ったら、途中で息抜きのような場面もあったり。
まさに客席参加型! そして、お客さんが盛り上がれることを一番に考えて構成されてる。
そう理解できてからは、がぜん面白くなって、自然に楽しめるようになりました。

とくに1階席の人は、事件は起こるわヒーローたちは走り回るわ前方の映像にも映し出されるわで、かなーりエキサイティングだったのではないかと思います。
私は2階席だったのでちょい淋しかったのですが、最後の最後にスカイハイが来てくれたんで嬉しかった!! 初心者ですが私はこの天然キャラがかなり好きです♪

キャストのうちのタイトルロールの2人(タイガー&バーナビー)は、アニメの声優さんなんですね。その他のキャストはJAEの人も多いらしく、空中を飛んだり、かなり高いところから飛び降りたりと、アクションがとにかくすごい!! ヒーローたちだけじゃなく、やられる方も! 映像とうまく組み合わせると、ここまで見応えあるものにできるんだなあというのも驚きでした。
スカイハイ役の人なんて、リハーサル中に怪我をしてしまったみたいだし…でも、上手い具合に脚本が変更されて、アクション以外のところにはちゃんと出ておられたのが温かい配慮で良いなあと思いました。

アニエス役が、タカラヅカ出身の彩夏涼さん。スタイル抜群で男勝り、アニメキャラをうまく再現、タカラジェンヌの底力発揮してました。
ドラゴンキッド役の佃井皆美さんが、小柄なのにパンチのきいたアクションで、動きも美しかったです(おそらくダンスもやってる方ではないかと)。
脚本は「デスティニー」の毛利亘宏さん。

タイバニクラスタの大先輩からはあらかじめ「サイリウムを準備してったほうがいいですよ〜。できれば青赤緑の3色」といわれまして、「サイリウムって何? 薬品か何か?」とか勘違いしてたのですが、要するにペンライトみたいなもんでした。
青ならフットルースのペンライトでいいじゃんと思ったのだけど、あいにく博多座の卒業式に行った友人に貸出中だった…(´・ω・`)

客層がとにかく若い! そして、ほとんどが女性でした。
客席からみんなで一緒に盛り上げて行こうという勢いがすごかったです。
タカラヅカのショーなんかも、今後はこういう手法の影響を受けていくのかもしれないなーと思ったり。

私などではなかなか観に行けない舞台、声かけてくださった方に感謝!!
アニメ版の予習は4話までしかできなかったので、これから続きをみますね。

« 轟悠ディナーショー『Fever!』 | トップページ | 第2回NHK青山タカラヅカ講座のご案内 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 轟悠ディナーショー『Fever!』 | トップページ | 第2回NHK青山タカラヅカ講座のご案内 »