発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ヅカじゃない講座のお知らせ(笑) | トップページ | 舞台版タイバニ »

2012年8月21日 (火)

轟悠ディナーショー『Fever!』

轟悠さんのディナーショー『Fever!』に行ってきてしまいました。
以下は極私的スーパーミーハーフィーバーレポートなんで悪しからずお許しください。

もともと私、ディナーショーにはあんまり熱意なくって、轟さんのもホント久しぶり。
だってディナーショー1回=S席3回だし…。

と、思ってたのですが、いくつになっても轟さんは轟さんで、いやむしろますます素敵に輝きを増していて、今日はマジ幸せーーー!!!でした。

選曲のなかのひとつに、「All That's Jazz」がありまして、これが、「Let's Jazz」というショーの中の一場面の曲。そう、なんだか轟さんそのものみたいなトランペット一筋のルイの話。
これまで轟さんが出演した中で一番好きといっていいくらい大大大好きな画面で、まさか今になって再び生でこの歌が聴けると思ってなかったから、もう、うれしくてうれしくて感涙。
(「ルイ」の役が彩凪くんだったのも、これまたツボだったのよね〜♪)

共演は透真かずき、雛月乙葉、彩凪翔、舞園るりという面々。
やっぱり、雪組の下級生との共演ってのは何となくうれしい。
轟さんってこういう場のトークは苦手な人だと思ってたけど、今日は下級生を交えてのトークもすっごく和やかにスムーズに進行しててびっくりしちゃった。

今日のトークのテーマは「夏の思い出」。で、少女時代に「ブルーと白のしましまの洋服を着て、天草に釣りに行って、帰って来たら体中がしましまに日焼けしてた」っていう話を聞いたとき、「子どもの頃からルキーニ…」と思った人は会場中で私だけではあるまい(笑)

客席には、タモさんマミさんノルさんの同期元トップ3人が勢揃い〜!
あとは、「オネーギン」つながりの彩那音さんの姿もみえました。

ほんと、一瞬も見逃したくないーと思ってしまう素敵さだったのですが、よくよくみると汗びっしょりなところとか(笑)、常に時候の挨拶から話が始まるところとか(笑)も、昔と変わらずで、そういう意味でも「ああ、やっぱり轟さんは轟さんだー」と、ますます愛おしく思えてしまうのでした(*´ω`*)

締めの1曲は、今回のディナーショーのために新たに作られたという「巡りゆく時」。
確か、「目の前にある道をひたすら進むだけ。それで輝く未来を目指す」みたいな歌詞(記憶あいまい不正確ですが)で、轟さんにぴったりな感じの曲でした。

振り返ると轟さんの舞台に出会ってからはや16年も経つわけで、彼女(彼)に出会わなければ今の私もないわけで、そういう意味ではやっぱり運命の人なわけで…などと、つらつら考えながら、しみじみ聴いてました。

おかげさまでヅカファン的に数奇な運命を与えられたわけだけど(笑)、きっとこれからも着いて行くわよ!と改めて心に誓った一夜でございました☆

« ヅカじゃない講座のお知らせ(笑) | トップページ | 舞台版タイバニ »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・happy01

幸せな時間でよかったですね。
宝塚ホテルのほうも沢山雪組がいて、楽しかったらしいですよ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヅカじゃない講座のお知らせ(笑) | トップページ | 舞台版タイバニ »