発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ミュージカル「コードギアス」観てきたよ | トップページ | 7月29日は青山でタカラヅカを語ろう! »

2012年7月19日 (木)

ルドルフ ザ・ラスト・キス

帝劇「ルドルフ ザ・ラスト・キス」観てきました♪
例によってミーハーかつ偏った観劇メモです。悪しからず。

何をおいてもまず叫びたいのはコレ。
「たっちん可愛かった!! そして、カッコ良かった〜!!!」

タカラヅカ版のお人形さんみたいなマリーと全然違う、
知的で、自立していて、凛としたマリー。
…この、新たなマリー像も、デヴィッド・ルヴォーさん新演出の眼目なんですね。

一夜を共にした翌朝も、「あれはヒバリじゃなくてナイチンゲールじゃないか」などと
未練がましく言うルドルフを尻目に、「あれはヒバリよ!」とビシッと言って
さっさと出かける潔さ!(ロミジュリとまるで逆)

それでいて包容力抜群だし、ファムファタールな部分もちょこっとのぞかせる。
(井上くんルドルフとのアツいラブシーンはどっきどきでしたよね(*´ω`*)

ここまでヒロイン自体に感情移入できるのも我ながら珍しいです。
タカラヅカを観るときとは全然違うスタンスでした。

1幕ラスト、ルドルフへの愛を歌い上げるところは本当に素敵だった。
ああいう風に男性を愛せたら素敵だと思います。

そして2幕、坂元ターフェとの対決の歌にも痺れました。
愛のため、あそこまで毅然と戦える女性は憧れです。

ヅカファン的親心でもね、たっちん(和音美桜さん)がこうして大活躍するのが
ほんとうれしかったりします;;

そのターフェがまた、サカケン新境地開拓って感じでまた良かったのです♪
個人的には、次に「エリザベート」再演するときに、ルキーニお願いしたい!と思ってしまいました。

舞台美術も溜め息ものでした。
赤が基調、それにブルーとモノトーン。
シンプルで、現代的で、でも世紀末ウィーンの物憂さも…
どのシーンも絵のように美しかったです。

いやーそれにしても、アンサンブルの皆さんも含めて
どこにも歌に穴がないって、ほんと気持ちの良いことですね!!

« ミュージカル「コードギアス」観てきたよ | トップページ | 7月29日は青山でタカラヅカを語ろう! »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージカル「コードギアス」観てきたよ | トップページ | 7月29日は青山でタカラヅカを語ろう! »