発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「さあ、語っておくれ!」アンケートご協力のお願い | トップページ | ユウヒさん、かっこいい!! »

2012年6月26日 (火)

月組ロミジュリ6月25日

もう…思いがけず深く深く心動かされてしまって、帰りの新幹線の中でも興奮覚めやらず大変なことに(笑)
一晩経って冷静になったところで、せっかくなので、その感動を少しだけ言葉に残しておこうと思います。

明日海さんのロミオは、美しさの陰に、深い深い絶望を抱えたロミオ。

一見、甘く優しく、「まさにロミオ」な貴公子。なのにどうしても、その陰には哀しみと虚無が見え隠れする。さらにその奥底には、狂気も…(それが後の悲劇を呼ぶわけですが)

彼をみていると、普段私たちが心の奥底に封印しながら生きている「美しきもの」「純粋なるもの」を否応なく呼び起こされてしまう。だけど同時に、「美しきものは必ず滅びる」「純粋なるものは必ず侵される」という人の世の真理を突きつけられるのがつらい。

…そんなロミオでありました。


他のキャストもそれぞれ素晴らしかったです。
ジュリエットというのは実はとても強い女性だと常々思っているのですが、元・男役の愛希さんのピュアなストレートさはまさにジュリエット役にぴったりです。
ティボルト役の龍さんは、ロミオに対峙する、情熱的な「赤の貴公子」ぶりが凛々しかったです。(そういえばこの役替わりパターン、「二人の貴公子」と同じカラーですね)。
組替えしてきたばかりの美弥さんが大熱演! 私、これまで死に際にマーキューシオが突然「ジュリエットを愛し抜け」というのがどうもしっくり来なかったのですが、昨日初めてストンと落ちた気がしました。ああ、これまでは強がって強かってきたんだなあ、本当は素直に生きたかったんだなぁ、と。

専科からのお二人、英真さん神父様の包み込むような優しさと、美穂さん乳母の圧倒的な歌唱力が、若い月組をしっかり支えてくれていました。

昨日は明日海さんロミオの初日だったこともあり、幕が降りた後に明日海さん、龍さんの挨拶がありました。
明日海さんが挨拶するのをウンウンと頷きながら見守っている龍さんは、まるで「お兄ちゃん」でした!^^


舞台は一期一会。この舞台に出会えた奇跡、ただそれだけが全て。
この巡り合わせをつくってくれた舞台の神様に感謝です。
おそらく、自分観劇史上に残る一日になると思います。


…さて、通常業務に戻りますよっと。

« 「さあ、語っておくれ!」アンケートご協力のお願い | トップページ | ユウヒさん、かっこいい!! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

そうなんですか!!とっても見たくなりました!

みやるりが正直星から月へいって心配していたのですが、安心です*

私は学生のため日比谷に来るのを今か今かと待つことにします(ToT)

柚希さん、音月さん、龍さん、明日海さんといろいろなロミオが見れて楽しいですね!
音月さんも甘く優しくまさにロミオで、陰に哀しみ、虚無、狂気が見えるロミオでしたが、明日海さんも似てるのですね!楽しみです!
龍さんのロミオも気になります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「さあ、語っておくれ!」アンケートご協力のお願い | トップページ | ユウヒさん、かっこいい!! »