発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« オサレな青山でタカラヅカ講座のご案内 | トップページ | やはり「ヅカファン引き寄せの法則」(>_<) »

2012年5月19日 (土)

五月祭模擬裁判を観てきた

拙著「東大卒でスミマセン」の中でも紹介させてもらい、取材では並々ならぬお世話になった東京大学法律相談所の皆さんによる五月祭模擬裁判を観てきました。
「9時半開廷に、異議あり!!」と思ってたけど、がんばって早起きして良かったデス。

今年は刑事裁判で、
「バイク事故で半身不随となった兄の介護に疲れ、おまけに介護のせいで会社をクビになり婚約者からもフラれた女性が、兄を刺し殺そうとした。兄妹ともども「二人で死ぬつもりだった」と言っているが、真相は果たして???」
という、いかにもありそうな事件が題材。

事件がシンプルな分、さまざまな論点から突っ込んだ議論がなされ、まさに裁判劇の王道って感じ。今どきの学生さんは映像&スライド使いも、サイトー君も真っ青なくらいハイレベルだから、尋問中も「今はどんな論点について話しているのか」がすごくわかりやすい。思わず「これってどう判断すべきなんだ?」と客席でも考え込んでしまう。

面白かったのは、「実録!裁判員の評議」の場面。鼻持ちならないエリート会社員風から、大阪弁のおじさん、介護に苦労した経験のある女の人、ヤンキー兄ちゃん風、そしてオタクまでそれぞれ「いかにも」なキャラ付けがなされた裁判員たちが白熱の議論を展開する。私は、台詞がひとこともない法廷場面でも役作りに余念のなかったオタク青年役の彼に釘付けだったのだが、あとで聞けば実際の彼は真逆の、体育会系好青年だとかで、びっくり。

判決は、私の予想よりはるかに厳しいもので最初は愕然としたのだけど、理由を聞くと「なるほど、確かにそうかも」と納得できるもの。ていうか、被害者と被告人の兄妹役の二人とも爽やかで好感度高いので、つい判断が甘くなってしまってたみたい(笑)

そして最後の、模擬裁判監督の挨拶には感動した!
「事実と真実は違う。真実はひとつだが、証拠や証言から『事実』を認定しなければいけないのが裁判の難しさ。本件でも被告人の女性が何故殺人に至ったのかは、本人でさえわからないことなのかもしれない。刑に服した後の、被告人の女性の幸せな未来を祈りたい」
といった内容だったと思います。
「人を裁く」ということの重みについて改めて考えさせられた2時間でした。

ちなみに、私も大学時代この模擬裁判に熱中してたんだけど、当時、先輩から配布された「キャスト・演出用レジュメ」なる資料が先日我が家で発見された。そこにも、
「目指すなら(一回限りの舞台でも)本当の『役者』であることを目指してほしい」
等と書かれ、さらに発声や視線、体の動き、役作りなどの注意点が書かれていたwww

そんなわけで、この催し、歴史と伝統ある大真面目な催しのわりには、裁判劇としてもかなりクオリティ高いので、もっとたくさんの人がご覧になったらいいのに、と思ってます。とくに法曹関係に興味ある人や法学部目指している高校生の皆さんにはオススメ。終演後には、相談所メンバーとの交流会もあるみたいですよ。

来年の5月には是非!!

« オサレな青山でタカラヅカ講座のご案内 | トップページ | やはり「ヅカファン引き寄せの法則」(>_<) »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オサレな青山でタカラヅカ講座のご案内 | トップページ | やはり「ヅカファン引き寄せの法則」(>_<) »