発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 柏組:講座&観劇二本立てプランやります | トップページ | 箏の演奏会のご案内♪ »

2012年4月14日 (土)

「銀河英雄伝説」第二章 自由惑星同盟篇

久しぶりに銀英伝ワールドに浸ってきましたよ!

河村隆一さんが、期待以上にずっとずっとヤン・ウェンリーで、うれしい驚き(*´ω`*)
絶大な人気を誇るキャラだけに(私も大好き!)ファンの期待に応えるのは難しいだろうなーと思っていたけど、さすが、自身も大大大ファンだという河村さん。

何といっても、あの甘い声色と優しい語り口が、ヤンのキャラにぴったり合っていたのではないでしょうか。
舞台を観ながら改めて、「ヤンってやっぱりいい男だわー」と再確認してしまいました。

物語は、アスターテ会戦からイゼルローン攻略の少し後まで。アスターテで戦死してしまう親友のラップ(野久保直樹)と、その婚約者(じつはヤンのことが好き?)なジェシカ(馬渕英俚可)との心の交流を織り交ぜながら描かれます。

中川晃教くんがどの役をやるんだろうと思っていたら、ポプランなんですねー。「ポプランと陽気な仲間たち」っていう役どころで、自慢の歌を披露する場もちょこっとあり。8月に、中川くん主演の「撃墜王篇」も上演されるみたいです。

ムライ中将がやけに存在感あるなーと思ったら、大澄賢也さんでしたwww
イゼルローン攻略のキーマンともいえるシェーンコップは誰かと思ったら、松井誠さんという、旅回りの一座出身というユニークな経歴の方なのですね。渋いキャスティングしてきますなあ〜。
気になるトリューニヒトは、井田國彦さんという個性派の俳優さん。

映像フル活用の演出でなかなかの迫力。ラップやヒップホップが多用され、アメリカーンな雰囲気を醸し出していたのは、ヨーロピアンな帝国軍との対比でしょうか。
同盟軍の軍服もなかなかで、軍服には厳しいヅカクラスタな私としても許容範囲内かな(笑)
帝国篇で気になった「戦闘シーンがちょっと…」「軍服がテラテラでいまいちだなぁ」という二つの課題を見事にクリア、バージョンアップし、進化してきているところに制作サイドのこだわりを感じます。

私は原作の小説を読みアニメを一部分見ただけのライトな銀英伝ファンですが、舞台を観て、改めて原作を読み返したくなってしまいました。

« 柏組:講座&観劇二本立てプランやります | トップページ | 箏の演奏会のご案内♪ »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柏組:講座&観劇二本立てプランやります | トップページ | 箏の演奏会のご案内♪ »