発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月30日 (月)

バレエ「こうもり」楽しかった♪

今日は、ウィーン国立バレエ団「こうもり」@東京文化会館を観て参りました。
私、ダンスをみるのは大好きなのですが、なにぶんクラシックバレエは初心者。ある詳しい方のおかげで機会をいただきました。以下、初心者の言いたい放題ですので、バレエファンの方は寛容な気持ちでもってご覧くださいませ。

「こうもり」といえばヨハン・シュトラウス2世のオペレッタが有名(そして、「こうもり」と並ぶヨハン・シュトラウス2世のオペレッタが「ジプシー男爵」です)。ローラン・プティが振付・演出したバレエバージョンはオペレッタをベースにしつつも、ストーリーはより現代的にシンプルに改変されてます。

※詳しくは、こちらをみると3分でわかる!

すごくファンタジックでコミカルで、ヅカファンな私にはぴったりの楽しい作品でした!! 
なんつっても、浮気者のダンナには夜になると「こうもり」の羽根が生えて飛び立って遊びに行っちゃうんですから(笑)
で、若くて美しい妻のベラが、夫の心を取り戻すべく、友人のウルリック(←じつはベラのことちょっと好き)の手助けを借りて策を講じ、最後は「こうもり」の羽根をハサミでちょんぎっちゃうっていう話ですから〜。

ベラ役のオルガ・エシナさん。美人だし、手足がそれはそれは長くてスタイルも抜群! ていうかベラの衣装がアレですから、この役はやっぱりスタイルがいい人でないとって気がします。隣の席でひとりで観ていたおじさんが、二幕の例のベージュの衣装でベラが登場した瞬間にオペラでガン見始めたときはちょっと引いたけど(汗)。まあその気持ちもわからなくはありません。

デュエット(バレエ的にはパドドゥというのか)で、リフトされる姿もとにかく美しい〜。と、ここでふと気付いたのだが、バレエのリフトはリアル男性による安心の支えがあるから、女性のほうを集中してみれますね。ていうかこちらが正統派で「娘役をがんばって支える男役」が見どころになってしまうタカラヅカのほうが邪道か…。

ウィーン国立バレエ団の「こうもり」ダイジェスト映像もありました。ベラ役エシナさんの超絶素晴らしいスタイルがみられます!

ウルリック役の人が何だかすごく存在感あって上手いなあと思いながら観てたら、この方があのルグリさんなんですねー。かつてパリ・オペラ座の二枚目ダンサーだったという人。今は引退して、このバレエ団の芸術監督なのですが、今回は芸術監督自ら舞台に立つという、これはきっとファンの方にとってはとてもうれしいことなんでしょうね(残念ながら上記ダイジェスト映像は別の人みたい)。

ウルリックはいわゆる「どこまでいってもいい人」、せっせとベラのために尽くすんだけどなんだか報われない。どっちかというと三枚目の笑わせる役どころなのに、なんだかほろっとさせるとこもあったり。

例によって「この作品をタカラヅカでやるなら」と妄想をしてしまう私ですが、妄想タカラヅカ版の中で男役トップスターが演じるのはウルリックしか考えられない、と、そのくらいインパクトありました(余談ですが私の妄想では、ウルリックきりやん、ベラまりもちゃんです)。

アンコールでの拍手も、彼が出て来たときはひときわすごかった! 終演後、後ろを歩いていた女性が「オーラが全然違う。ひとりだけたたずまいが違うって感じ」と熱弁をふるっているのも耳にしました。

…なんだか私、初心者にしてすごい貴重な舞台を観てしまったらしい!? 二枚目ルグリを身損ねたらしい(?)のは残念ではありますが、それ以上に今日のこの舞台を観られて良かったと感謝したい気持ちでいっぱいです。

2012年4月23日 (月)

演奏会を真面目に振り返ってみた

ここ1週間は、箏の演奏会の準備で完璧にテンパってました(´ω`)
どのくらいテンパってたかというと…月組「ロミジュリ」大劇場公演の友の会抽選登録をからっきし忘れていたぐらい。
(わかる人にしかわからない!?)

と、そんな演奏会も昨日無事に終了。
ほっとしたのもつかの間、今日すでに、あれこれありすぎて、慌ただしい日常にあっという間に逆戻り。
忘れないうちに感じたことをば書き留めておきたいと思います。

いやー、「10分間1本勝負」って初体験だったけど、ほんと大変!!!
舞台って本番直前にあんなにやらなきゃいけないことが多いとは〜。
着物で弾いたので、着付けの練習とか(笑)、楽器を運ぶとか、あれこれ、あれこれ。
従って、純粋に演奏の完成度を上げる練習は、その前に終えておかないといけないんですね。
ってことに、私はここ1週間の間に気付いたのであります(時すでに遅し)。

ひとことで振り返ると、準備してきたものはちゃんと出せたと思う。やはり本番にはそれなりに強かった私。
響きの良いホールで弾く心地良さは堪能しました。
だけど、準備そのものは足りなかったというか、はっきりいって練習不足だった、自分に甘すぎた…。

この数年間教わってきたのは、「一音一音を大切に弾く」、それに尽きるので、それだけは確実に表現しようというのが目標で、それは達成できたと思うけど、それやってみたことで、さらにその先に遥か長い道程があることがわかってしまった感じがしました。

というわけで、いつも能天気な私にしては、何だか、もやっとした気分でおります。
なんというか自分との戦いに、短期戦では買ったけど、長期戦では負けたような…。
「よくがんばったね自分」とはお気楽には言えないなあ。

それから、「誰に向かって弾くんだろう」ってことも、この一週間は考えちゃいましたね。
やっぱり仕事柄、何らか表現するからには、受け手に何かしらのものがお届けできないと意味がないと
思ってしまうのだけど、未熟な私にとって、それがいったい何なのか?と。
この問題は未だ自分の中には結論が出ていません。

ともあれ、終演後の打ち上げは、とても良い雰囲気で、楽しかったです。
これほど、ある対象を純粋に愛し、前向きな向上心を持っている人たちだけが集まってる場って、なかなかないと思います。
そして、その中に混ぜてもらえていることがとてもうれしく、誇りに感じました。

2012年4月19日 (木)

箏の演奏会のご案内♪

今週末の22日(日)、箏の演奏会に出ます。

沢井箏曲院箏演奏会vol.41

【 日 】 2012年4月22日(日)
【 時 】 10:30開場/11:00開演(終演19:30頃予定)
【 所 】 四谷区民ホール(新宿区那伊藤町87番地)

私はソロで「みだれ」を弾くのと、合奏曲「吟遊歌」にも参加します。
私のソロは聴くほどの価値はないですが、私以外の方はプロの演奏家を目指している人もたくさんいて、みんな上手いです。沢井箏曲院という流派に興味がある方はのぞいてみるのもいいかと思われます。
きりやんのお見送りにも行かないし日曜日の午後ヒマでヒマで仕方ない、というヅカファンの方もよろしければどうぞ(笑)

もし万万万が一行ってみたいという方いらっしゃったら、手持ちチケット差し上げますので連絡ください。当日、受付に預けておきます。

開演は11時で私は3番目。11時半過ぎにはとっとと終了してしまうでしょう。合奏曲「吟遊歌」はラストなので、19時過ぎると思われます。ずーっといたら死んでしまうので、聴きにきてくださるという奇特な方はテキトーなときに来て帰ってくださいね。

ちなみに、皆さんが想像される箏のイメージとはだいぶ違うと思います。
みんな立奏(椅子に座って弾く)で、衣装も洋服。曲も洋風でスピード感のあるものが多くてカッコいいですよ〜♪(私のぞく)

2012年4月14日 (土)

「銀河英雄伝説」第二章 自由惑星同盟篇

久しぶりに銀英伝ワールドに浸ってきましたよ!

河村隆一さんが、期待以上にずっとずっとヤン・ウェンリーで、うれしい驚き(*´ω`*)
絶大な人気を誇るキャラだけに(私も大好き!)ファンの期待に応えるのは難しいだろうなーと思っていたけど、さすが、自身も大大大ファンだという河村さん。

何といっても、あの甘い声色と優しい語り口が、ヤンのキャラにぴったり合っていたのではないでしょうか。
舞台を観ながら改めて、「ヤンってやっぱりいい男だわー」と再確認してしまいました。

物語は、アスターテ会戦からイゼルローン攻略の少し後まで。アスターテで戦死してしまう親友のラップ(野久保直樹)と、その婚約者(じつはヤンのことが好き?)なジェシカ(馬渕英俚可)との心の交流を織り交ぜながら描かれます。

中川晃教くんがどの役をやるんだろうと思っていたら、ポプランなんですねー。「ポプランと陽気な仲間たち」っていう役どころで、自慢の歌を披露する場もちょこっとあり。8月に、中川くん主演の「撃墜王篇」も上演されるみたいです。

ムライ中将がやけに存在感あるなーと思ったら、大澄賢也さんでしたwww
イゼルローン攻略のキーマンともいえるシェーンコップは誰かと思ったら、松井誠さんという、旅回りの一座出身というユニークな経歴の方なのですね。渋いキャスティングしてきますなあ〜。
気になるトリューニヒトは、井田國彦さんという個性派の俳優さん。

映像フル活用の演出でなかなかの迫力。ラップやヒップホップが多用され、アメリカーンな雰囲気を醸し出していたのは、ヨーロピアンな帝国軍との対比でしょうか。
同盟軍の軍服もなかなかで、軍服には厳しいヅカクラスタな私としても許容範囲内かな(笑)
帝国篇で気になった「戦闘シーンがちょっと…」「軍服がテラテラでいまいちだなぁ」という二つの課題を見事にクリア、バージョンアップし、進化してきているところに制作サイドのこだわりを感じます。

私は原作の小説を読みアニメを一部分見ただけのライトな銀英伝ファンですが、舞台を観て、改めて原作を読み返したくなってしまいました。

2012年4月13日 (金)

柏組:講座&観劇二本立てプランやります

NHK文化センター柏教室「もっと楽しむ!タカラヅカ」講座(通称「柏組」)では、5月8日(火)に以下の二本立てプランを開催することになりました。

13時〜14時半:通常の講座@柏
終了後に移動して、開演までお茶(16〜18時ぐらい)
18時半より雪組公演「ドン・カルロス」観劇

参加希望の方は、以下のページを参照のうえ、NHK文化センター柏教室までお電話にてお問い合わせください。

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_644911.html

また、今回は講座への参加は無理なんだけど、柏組の活動には興味があるので、観劇会だけ参加してみたいという方は私までメールください。
(このページの左の「メール送信」をクリック)

締切:4月20日までにご連絡ください。

さあ、貴方も柏組で華やかなりし日々を共に過ごしませんか?
あっ、宙組さん本日初日、おめでとうございます!

2012年4月 8日 (日)

こんな本出しちゃってスミマセン

突然ですが、こんな本出しました。
昨日発売で、週明けから全国の書店に並び始めると思います。

「東大卒でスミマセン」(中公新書ラクレ)

150414_2

※アマゾンでの購入はこちらから。

「えーっ、あんなに観劇ばかりしまくってるくせに、いつの間に!」
と、思われるかもしれないが違う。そんな効率的に生きてません(笑)
8年前に書いた「東大脳の作り方と使い方」という本のリニュアルバージョンなのであります。
(このあたりのいきさつは、本書の「あとがき」に詳しく書いてます)

今となると何とも気恥ずかしい感じもあるのですが、「出していただけるからには『今の私』の本を」ということで、がんばってバージョンアップしました。
相変わらず「お金が儲かる」でも「夢が叶う」でも「痩せる」でもない、マニアックなテーマの本で恐縮なのですが、興味ある人は是非読んでみてください。
ヅカネタも3カ所ぐらいこっそり忍ばせておきましたので、その方面の方は探してみてください(笑)


(以下、ざっとこんな本でございますの紹介)

◆内容(帯文より)
「勝ち組」の集まりと世間では思われている東大。合格、入学後に待ち受けているのは本当にバラ色の学生生活・人生なのか? 東大法学部卒のフリーライターが、東大生の素顔から「実はクリエイティブではない」等の意外なコンプレックスまで、自身の経験も交えて語る。

◆目次
第1章 「東大力」とは何か?
「東大力」の定義/東大力の「異能さ」と「限界」/「東大力」は東大入試によって作られる/「東大力」はバラ色の人生を約束しない

第2章 東大力を持つのも楽じゃない
東大力、三つのコンプレックス/その一「逆学歴コンプレックス」/その二「実はクリエイティブじゃないコンプレックス」/「京大力コンプレックス」もあるぞ/その三「世間で思われているほどデキないコンプレックス」

第3章 東大入試が「東大力」を作る
意外と簡単? 東大入試問題/「受験生を魅了する」東大入試/東大入試は「トライアスロン」/東大入試で養われる「七つの力」/「東大力の弱み」その一/「東大力の弱み」その二/「東大力の弱み」その三/「東大力」も使いよう

第4章 「東大力」養成大作戦
「東大力」養成に奇策なし/「東大力」養成、四つの基本法則/参考書は「知的好奇心が刺激される」ものを/模擬試験は「受験前と後」が勝負/「すべり止め」のためだけの私立併願はしない/高校の授業はなくても合格できる?/「予備校」活用法もシビアに検討

第5章 当世東大生気質
法学部は「東大オブ東大」/一に法曹、二に官僚、三、四がなくて……/五月祭模擬裁判 ~法曹・官僚の卵たちの意外な素顔~/ネコじゃなくなった文二生/理三生こそ真の「東大脳」の持ち主/進化する「進振り」/東大生のシューカツ今むかし/「レールから降りるのが怖い」東大生のホンネ/今も昔も商社や金融が人気/就職活動の「正解」とは何なのか?

第6章 「東大女子力」の真実
意外に普通? 東大女子/あの頃が人生で一番の「モテ期」だった/東大女子は「東大卒」がお好き?/東大卒は「リア充」への切符?/ニュータイプ東大女子、現る

第7章 都会の東大生、田舎の東大生
東大は田舎の優等生の救世主/地方公立高校での孤独な受験生時代/オシャレな東大生にカルチャーショック/東大版「都会のネズミ」と「田舎のネズミ」/「田舎のネズミ」はツラいよ/がんばれ、東大生マイノリティ

第8章 東大・なう
安田講堂からみる、東大いまむかし/開かれた東京大学へ/アジアではナンバーワンだけど/東大式・愛校心育成大作戦/東大生は本を書く

終章 たかが東大、されど東大
「東大卒」レッテルをしたたかに活用する/もう古い?「逆学歴コンプレックス」/使われる「東大力」、自分で使う「東大力」/東大卒、本当のピンとキリ/東大力+「ハマる力」で最強に

2012年4月 7日 (土)

箏・演奏会リハーサル

今日は、箏の演奏会(おさらい会)の通しリハーサルでした。
先生方と実行委員会の皆様方の前で本番と同様に弾いて、時間をはかるというもの。

私、古典の「みだれ」という曲を弾くんですが、西洋音楽と違って法則性ナッシングなので暗譜がけっこう大変。
(やったことある人はわかると思いますが)
でもまあ、なんとか無事に弾き通しました。ホッ…

演奏後、どんなダメ出しがあるのかとドキドキしてたら、沢井比河流先生から開口一番に出たのが、
「僕が人前で初めて演奏したのも、その楽器だったんだよね〜。曲も同じ『みだれ』で。聴きながら思い出しちゃったよ」
でした(笑)
でも、なんとなくうれしい奇遇(*´ω`*)

私が箏を教えていただいている沢井箏曲院には、プロの箏曲家を目指してがんばっている若い生徒さんもたくさんいます。
私みたいな新人公演学年(4月で研6になりました)のオトナはほとんどないんだけど、それでも皆さん分け隔てなく接してくれて、でも初心者だからといって甘やかさない雰囲気がとても好きです。
こういう場に参加させてもらえるのが本当にうれしく、ありがたいことだと思ってます。
今日も、とっても清々しい気分になりました。

本番まであと2週間。
やれることはきっちりやって、備えます。
一音入魂♪ ればんが自分!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »