発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「柏組」通常公演のご案内 | トップページ | 箏・演奏会リハーサル »

2012年3月31日 (土)

霧の終着駅に立ってみた

やっとやっと、月組公演観てきました!!
オトナの実力派トップコンビ、霧矢大夢・蒼乃夕妃のサヨナラ公演。
芝居・ショーともに期待どおり私好みで大満足〜(ま、好みは人それぞれとは思いますがw)
お芝居のほうはヅカナビのテーマにする予定なので置いといて、とりあえずショー「Misty Station」(作・演出/齋藤吉正)のほうの感想をちょいちょいと書いておきます。

その昔は、「オタクっぽい」「アキバ系」と敬遠する人も少なくなかったサイトーワールドですが、今やこっちがスタンダードに。今回もしょっぱなからアニメ映像がんがん使ってサイトーワールド全開!!

でも、どの場面もバランスが取れていて絵のように美しかったですねえ。ヲタ系コンテンツでありがちな「置いてけぼり感」を感じることもなく、夢と妄想の世界に入り込めました。話題の、きりやさん歌う「魂のルフラン」も、私はエヴァンゲリオンは不勉強なのだけど、普通にインパクトあったし! 

ひとつの大きな力は、どの場面も衣装がこのショーの世界観にマッチしていたからではないかと思います。これぞ宝塚スタッフのチームワークの底力。

が、問題はこのサイトーワールドに、トップスターのきりやさんのカラーが合っていないこと!? サヨナラ公演なのにどうして?…といったことがあちこちで囁かれていて、私も途中までは「はぁ、なるほどねー」と思いながら観てました。確かに、バーチャルよりもむしろリアルが似合うきりやさん、このショーの中でただ一人違う世界の人みたい?

だけど終盤に近づくにつれ、そんなきりやさんがいるからこそ、このショーは成り立つんじゃないかと考えが変わってきました。どんな夢の世界にも決して惑わされることなく、ひとりしっかり地に足をつけて歩いて行く姿が何ともいとおしい…やや飛躍するけど、現実を生きていくってそういうことなんじゃーないかなーと感じてしまうんですよね。

そんなわけで、私の脳内でのこのショーのイメージはやっぱり、夢の世界を背景にひとりたたずむきりやさん、であり、その意味でやっぱりこのショーはきりやさんの作品なんだと思った次第です。

そして、ラストのトップコンビの場面も、娘役が寄り添うのでなく、あくまでお互い自立したコンビらしくて、とても好きでした。「あなたは右に、私は左に」って、いい歌詞だぁ〜(じーん;;)次期トップ娘役のちゃぴちゃん(愛希れいか)にも月娘男前伝説を継承していって欲しいものです。

賛否はあれど、それもまたオリジナル作品の醍醐味。
ぜひ多くの方に観てもらって、感想をお聞きしてみたいなーと思います。

« 「柏組」通常公演のご案内 | トップページ | 箏・演奏会リハーサル »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

試験送信です。
行くかなあ

試験送信が成功したようですので、投稿いたします
(^O^)
私も霧の終着駅に降り立ってみました!
ショーは、もっとサイトーワールドかと思いましたが、ポップなカラーと素敵な衣装がとっても良く、上手くまとめられていたと思います。
マリもちゃんの、男前ダンス、カッコ良かったなあ〜太王四神記の様な、場面もあって!
しかしですね、私のツボにハマったのは、白いドレス付き歌声の一樹さん!
長年観ていますが、初めてかも\(^^:;)

ソルーナさんも、ご出演で、オールドファンには、テンション上げ上げポイントでしたあ〜

エドワードは、いささか盛り上がりに欠ける感じですが、霧やんの包み込む歌声と、奥深い演技で、何か納得させられましたデス。

マギーの、アメリカ人夫が、そのまんまなので、笑えましたf^_^;


立見も出る盛況ぶりで、良かったですわ。

次のトップ二人?も、しっかりしていて、安心ですね!

霧やんで、グランドホテルが観たかった…
石丸ママでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「柏組」通常公演のご案内 | トップページ | 箏・演奏会リハーサル »