発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の記事

2012年3月31日 (土)

霧の終着駅に立ってみた

やっとやっと、月組公演観てきました!!
オトナの実力派トップコンビ、霧矢大夢・蒼乃夕妃のサヨナラ公演。
芝居・ショーともに期待どおり私好みで大満足〜(ま、好みは人それぞれとは思いますがw)
お芝居のほうはヅカナビのテーマにする予定なので置いといて、とりあえずショー「Misty Station」(作・演出/齋藤吉正)のほうの感想をちょいちょいと書いておきます。

その昔は、「オタクっぽい」「アキバ系」と敬遠する人も少なくなかったサイトーワールドですが、今やこっちがスタンダードに。今回もしょっぱなからアニメ映像がんがん使ってサイトーワールド全開!!

でも、どの場面もバランスが取れていて絵のように美しかったですねえ。ヲタ系コンテンツでありがちな「置いてけぼり感」を感じることもなく、夢と妄想の世界に入り込めました。話題の、きりやさん歌う「魂のルフラン」も、私はエヴァンゲリオンは不勉強なのだけど、普通にインパクトあったし! 

ひとつの大きな力は、どの場面も衣装がこのショーの世界観にマッチしていたからではないかと思います。これぞ宝塚スタッフのチームワークの底力。

が、問題はこのサイトーワールドに、トップスターのきりやさんのカラーが合っていないこと!? サヨナラ公演なのにどうして?…といったことがあちこちで囁かれていて、私も途中までは「はぁ、なるほどねー」と思いながら観てました。確かに、バーチャルよりもむしろリアルが似合うきりやさん、このショーの中でただ一人違う世界の人みたい?

だけど終盤に近づくにつれ、そんなきりやさんがいるからこそ、このショーは成り立つんじゃないかと考えが変わってきました。どんな夢の世界にも決して惑わされることなく、ひとりしっかり地に足をつけて歩いて行く姿が何ともいとおしい…やや飛躍するけど、現実を生きていくってそういうことなんじゃーないかなーと感じてしまうんですよね。

そんなわけで、私の脳内でのこのショーのイメージはやっぱり、夢の世界を背景にひとりたたずむきりやさん、であり、その意味でやっぱりこのショーはきりやさんの作品なんだと思った次第です。

そして、ラストのトップコンビの場面も、娘役が寄り添うのでなく、あくまでお互い自立したコンビらしくて、とても好きでした。「あなたは右に、私は左に」って、いい歌詞だぁ〜(じーん;;)次期トップ娘役のちゃぴちゃん(愛希れいか)にも月娘男前伝説を継承していって欲しいものです。

賛否はあれど、それもまたオリジナル作品の醍醐味。
ぜひ多くの方に観てもらって、感想をお聞きしてみたいなーと思います。

2012年3月30日 (金)

「柏組」通常公演のご案内

先日の特別公演では大好評を博しました「柏組」(=NHK文化センター柏教室のタカラヅカ講座のこと)でございますが、通常公演も月1回のペースでやっております。

ご案内・お申し込みはこちらから

アットホームな雰囲気でわいわいとやっております。
ご興味ある方でご都合のつく方、ぜひ遊びにいらしてください。
お待ちしていますよ♪

2012年3月27日 (火)

花粉症じゃなかった…?

去る3月15日の夕方、突然の鼻水&くしゃみに見舞われたのは、先日のブログに書いたとおり。
風邪の症状はまったくなかったので、耳鼻科の先生も「こりゃ花粉症だわ」と断定。
念のため検査をしてもらい、今日、その結果を聞きにいってきた。
そしたら…

スギ 0
ヒノキ 0
ハウスダスト 0

…花粉症じゃなかった(((( ;°Д°))))

長年の赤髭ライフのなかでも、こういう事例はなかったらしく、センセも「おっかしいなー」と首をかしげるばかり。
でも、確かに耳鼻科でもらった薬を1回飲んだら症状はおさまり、それ以来出てないのである。
結果オーライなのだが、私も拍子抜け。
せっかくこの1週間でいっぱしの花粉症マニアになったのになあ。
いったい何だったんだ???

ひとつ思い当たるとすれば、「片づけ祭り」効果だろうか(笑)
こんまりさんの本に影響された私、現在「片づけ祭り」絶賛実施中なのだが、ベストセラー「人生がときめく片づけの魔法」によると、モノを一気に捨てた場合、体に今までたまっていた毒素が一気に吹き出るため、一時的にお腹を下したり、吹き出物が出たりすることがあるらしい(p254)。
私がエセ花粉症に襲われた日は、まさにIKEAで机を買って来た帰りだったからな〜。
まさに、毒素が鼻水になって一気に吹き出たのかも。
ネタに使ってください。》こんまりさん

ともあれ、あの日以来毎朝のコーヒーはやめ、ヨーグルトを食べ、緑茶をせっせと飲み、食生活にちょっとばかり気を使うようにしたら、確かに体の調子は良い。
(ただしお酒はやめてません。→ビールや赤ワインのポリフェノールは体内の活性酸素を打ち消してくれるので花粉症に良いという説もあり妄信)
せっかくなので、これからも気をつけていこうと思う。

お騒がせして、スミマセンでした〜(´・ω・`)
記念に検査結果の写真貼っときます。

201203271609000


2012年3月26日 (月)

思い切り楽しかったREON!!

「いやー、ほんと面白かった!!」

ひとことでいうと、そんな感想な舞台。
「カッコ良かった」とか「素敵だった」というより、むしろ「楽しかった!」「面白かった!」。
もちろん、がんがん踊り狂うゆずきさんも素敵だったけど、それだけじゃない。
エンターテインメントとして、観客をすっごい楽しませてくれる舞台だったと思います。

とにかく、ダンス部門からお笑い(?)部門までの振り幅がすごい。
星組さん、役者が揃ってるなーって感じました。

先にお笑い部門から語ると、やっぱり紅子さんでしょ!!
2幕は、「客席案内係」の紅子さんの登場から始まるんです。
そこに、「れおんちゃん(夢咲)」の大ファンだという少女、ちえ子ちゃん(柚希)が登場して…という展開。
私が観た回はAKBのまゆゆが観劇してた回だったから、客席いじりもすごかった。
紅子さん、自分のサインをしっかりとまゆゆにプレゼントしてましたwww
最後、紅子とちえ子ちゃんが、スターのれおんちゃんを取り合う(?)シーンのが、ノバボサのブリーザをめぐる争いの場面のパロディだったのにも大笑いwwwww

紅ゆずるさん、ダンス場面の不安定感にも母性本能をくすぐられてたまりませんでしたが(きゅんきゅん来てます♪)、それを補って余りある、お笑い担当としての圧倒的な存在感!(誉めてますよっ!!)

あ、「れおんちゃん」のファン軍団女子のなかに、さりげに、三つ編み眼鏡姿のさぶらぎちゃん(如月)がちゃんと縦笛持って混じってたのにもウケました〜(・∀・)
紅子とさぶらぎちゃんは、もはや星組の必須キャラとして定着したんですねぇ。

お笑い部門といっていいのか、しみじみ部門というべきかわからないけど「ちえちゃん」の場面もユーモラス。
ゆずきさんの幼い日々を振り返る歌(自ら作詞とのこと!)とともに、「ちえちゃん一家」のドタバタでほんわかした日常が描かれます。おどけたパパが紅さん(ここでも三の線)、割烹着姿のママが真風さん、妹にやや負け気味なお兄ちゃんが如月さん。そして、しーらん演じるちえちゃんのピチピチした元気な感じまで、みんな適役!
ただ…これはみんな心でツッコミ入れてると思うんですが、ゆずきさんの少女時代ってもっと今風な生活スタイルなはず。なぜ「三丁目の夕日」ワールドなんだあ???

そしてダンス部門、こちらは「ゆずきれおんでこれが観たい」の総ざらえだったけど、群舞で私が好きだったのは1部のバーレスクから続く一連の場面かなあ。
ねねちゃんれみちゃん率いる娘役陣も、どの場面もカッコ良くて、もう惚れ惚れ(*´ω`*)
続く総踊りも、相当大変そうな振りだったけど、久々に見応えある群舞でした。
ゆずきさんは、ちょっと着崩したシンプルなスーツ姿などで、思いっきり踊る姿が一番良く似合うと私は思います。

今回、藤井大介先生の演出らしく、「女装」使いも絶妙! 1部の鶴美さん、2部の紅さん真風さんと、ここぞというタイミングでこれはという人が登場します。さすがです!
女装の鶴美さんの背中の筋肉の美しさには、目が釘付けでした。

しかし…しかし、しかし。
ダンス部門で圧巻だったのは、やっぱりゆずきさんソロの「踊るロミオ」だったと思う!!
1幕ラストの、黒い衣装での「僕は怖い」、一転して2幕のラストでは白い衣装で「エメ」のアレンジ。
この対比もすごく良かった。

以上、興奮さめやらぬままの、走り書きでした〜。
まさに、今の星組、今のREONちゃんならではの舞台だったと思います☆

2012年3月24日 (土)

観てきました☆DANCIN'CRAZY2

タカラヅカOGの精鋭が踊りまくる舞台、「ダンシングクレイジー2」♪

1部は、ミュージカル「シカゴ」のダイジェスト版。
幕開き、ひとりで出て来た風花さんのセクスィーお衣装にいきなり目が釘付け(((( ;°Д°))))
当然、オペラでガン見・・・・・透ける布地を通して、割れた腹筋みえました。

風花さんのみならず、星奈さん他、女子軍団の衣装がことごとくセクスィーで仰天。
でも、皆さん筋肉質な肉体美がすんばらしくて、同性として惚れ惚れしちゃいます。

そして、わたるさんヴェルマ率いる、一糸乱れぬフォッシーダンスのかっこいいこと!!
もとよりタカラヅカってところは群舞こそが最高の魅力と思ってますが、そんなタカラヅカならではのチームワークがフルに発揮され、その意味で、「シカゴ」というチョイスは大正解だった気がしました。

朝海さんのロキシーは、もうひたすら可愛くて可愛くて(*´ω`*)
私個人的には、女子力だけで世渡りしていこうとするロキシーというキャラがあんまり好きではないんだけど、コムさんロキシーだったらもう許します!って感じ。

この「シカゴ」というミュージカルはご存知、女囚たちのお話で、男性アンサンブルは影の如く登場するわけですが、その中に桐生園加さんの姿をいち早く見つけた私、
「おお、さすがそのかさんは男性陣に混じって踊るんだー」
・・・が、よく考えたらこの舞台、タカラヅカOGのみで全員女性なんだった(>_<) 
なぜか最初そのことを失念していて、そのかさん以外全員男性だと思っちゃったのです。
(そのかさんだけは、3階席からでもすぐに判別できたw)
つまりそのくらい、元男役の皆さん、別にリーゼントや男役メイクをしなくても、思い切り男らしく踊ってらしたってことです。
タカラヅカの男役芸って深い!!

2部はおなじみの曲に乗ってひたすら踊り狂うショー形式。
話題のシーンや見どころは数あれど、ワタシ的には何といってもリベルタンゴですよリベルタンゴ!!
風花さん、星奈さん、百花さん、美鳳さんと、元娘役さん4人がこれまたセクスィー衣装で踊りまくるタンゴの官能的で力強いこと。
要所要所で見せる、ゆうこさん、ゆりちゃんのドヤ顔がもうたまらないっ!!
シーン終了後、思わず「すごい…」とつぶやきながら大拍手を送ってたら、会場のどこかしらから「ブラボー!」の声がかかってましたね。
こういう場面は可憐さ第一のタカラヅカの娘役にはなかなか難しいだろうし、卒業して円熟味を重ねてこそ出せる味わいもあって、この公演ならではだと思いました。
(いつか、まりもちゃんにもやって欲しい…)

主演の4人の素敵さもさることながら、今回はアンサンブルもすごかった!
なんたって、タカラヅカ時代に各組のダンスシーンで芯になってたような人たちが集まってるわけだから、どこにオペラ向けても見応え十分なわけでして。
群舞のシーンなんかは、あっちこっち観るのに、もう大変なことになってました。
一人ひとりの見せ場がさりげなく散りばめられていたのも、うれしかったですねえ。

タカラヅカでの各組合同イベントでも、これだけのダンサーが結集することはありえなかったわけですから。
もうほんと、夢のようにゼイタクなひとときでした☆

2012年3月22日 (木)

さようなら、アラフォー!

とうとう45回目の誕生日が来てしまった。
うう…四捨五入したら50じゃないか。もう「アラフォー」とさえ自称しにくくなってしまったこの哀しみよ〜(´ω`)

その昔は45歳といえば、もっと大人びてて、風格のあるイメージだったんだが、いざなってみると相変わらず子どもっぽく落ち着きがないままの自分にびっくりである。
外見はともかく中身は20代のころから全然成長できてない気がする。精神年齢が肉体年齢に追いついていかないよー!
どうもこの状況、これからもずっと、いくつになっても続いていきそうな気がしてならない。

そして神様は、記念すべき誕生日にスペシャルプレゼントをくださいました。
「花粉症」である… (涙)

それは3月15日の夕方のことだった。
IKEAでお買い物した帰り道。ちょっと風が強いけどいい天気で、るんるんと歩いていたのだが、ん? なんだか目がウルウルする。そして鼻水が…むむ、これはもしかしてウワサに聞く花粉症ってやつ?

その後も鼻水は止まらず、週明けに耳鼻科に行って正式に「花粉症」の認定を受けた。
「アレルギーコップ」の水が溢れたときに発症するなんていわれるけど、ほんと急に来るんですねえ。そこで一句。

「鼻水と涙が止まらなくなったから、3月15日は花粉記念日」

3月14日までの平穏な日々はもう決して戻らないんだと思うとショックだが、振り返ってみれば生活習慣や食習慣で思い当たるフシはいっぱいある。
誕生日の節目を機に、少しは健康に気をつけなさいよっていう神様からのメッセージだと受け取ることにしたいと思う。

2012年3月17日 (土)

柏タカラヅカ講座スペシャル!

以前このブログでも告知させていただいた、柏タカラヅカ講座スペシャル。
おかげさまで40人以上の方が集まる大盛況となりました(・∀・)

当日はあいにくのお天気、しかも、私が言うのもナンですが、貴重な土曜の午後わざわざ柏まで来てくださるなんて(うわー近辺の方ごめんなさい)、これぞまさに愛の証!
当日集まった方々の多数派は予想通り、「年間観劇回数20回以上」という、熱い愛に溢れたファンの皆様でありました。

スペシャルゲストの東京宝塚劇場・総支配人の久保孝満氏も、これまた、ひとときの「恋」というより変わらぬ「愛」に満ちたお話をしてくださり、会場一同うなづくことばかり。講座は1時間半ほどで、その後は残れる人だけ残って懇親会という予定でしたが、懇親会の場も質問ターイムのようになり、結局は3時間ぶっつづけて講座をしたのと同じような感じに・・・これって一公演観るのと同じじゃん?!

私自身も、100年もの間「続けて行く」ためには、普段は思ってもみないような多様な視点も必要なのだなということを学びました。また、さまざまな人が集まる劇場という空間で、安心して夢の世界に酔えるのも、多くの方の支えのおかげだということも、改めて気付かされました。

手前ミソですが、会場全体が心地よい熱気に包まれていた気がします。
初めての試みで緊張しましたが、やって良かった、かなと今は思います。
今回の場が、これからのタカラヅカの進化のための一助となっていけばうれしいなあ〜

ご来場いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました!

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »