発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 早稲田「舞台芸術入門」マイ初日 | トップページ | 早稲田「舞台芸術入門」マイ千秋楽 »

2011年12月 9日 (金)

早稲田「舞台芸術入門」マイ中日(なかび)

今日は、早稲田の「舞台芸術入門」、マイパートの2回目でした。

前回、かなりがんばって準備したつもりだったのに時間が余ってしまった。そこで今回はもっと気合いを入れて準備したら・・・なななんと!大幅に時間が足りず、準備していったプログラムの3分の1以上がこなせなかったというショックな結果に終わりました(((( ;°Д°)))) 
今回は「気合い入れ過ぎ」か〜。まだまだ修行が足りん!

今日は「スターシステムの中の男役」がテーマでしたが、各組トップスターの魅力について、あるいは波瀾万丈の末にトップスターの座を勝ち得た大空祐飛さん物語について、アツく語り過ぎましたよ。ふと時計を見て、「あと15分しかない!」と気付いたときは、学生時代のテストの時間以来のような冷や汗をかいちゃいました(>_<)

例によって今日もいくつか映像を流したのだが、今日のラインナップはこんな感じ。

◆「めぐり会いは再び」ラストのユグドラシルの場面

(ねらい)
感想カードで「続きが見たい」という要望があまりに多かったため(笑)

◆「ル・パラディ」パレードの場面

(ねらい)
タカラヅカ名物「羽根」がだんだん大きくなるさまを見せるため。トラディショナルなショーのフィナーレを選んでみました。

◆「エリザベート」(雪組初演版)ミルク〜(途中早送り)→鏡の間

(ねらい)
「スターの小部屋」の新人公演映像(安蘭トート)を持っていたので、「新人公演」というシステムの説明のため、比較してみせました。
あとはやっぱり今やすっかりメジャーになったミュージカルの伝説の初演版ということで。

◆「ファンキーサンシャイン」プラズマダンサーズの場面

(ねらい)
スターシステムの話を延々したのだけど、それでもやっぱり舞台はスターだけでは成り立たない、ということで、ダンサーが活躍してものすごく評価されたこのシーンをどうしても見せたかった。「かっこよかった!」という感想多くてうれしかった!!

ほんとはもう1つ映像を準備してたけど流せなかったので、また次回に(>_<)
考えてみれば、90分って過ごし方によって短くも長くも感じられる時間だよね。奇しくも、タカラヅカの前半のお芝居の時間と同じ長さだし・・・内容によってあっという間にも、退屈にも感じられる時間なのだ。でも、うまくやれば多くのことが伝えられるはず。なるだけ濃い時間になるようにしたいなと思う。

次回はいよいよ千秋楽です!!
タカラヅカの「今」を伝えていきたいなと思ってます。

« 早稲田「舞台芸術入門」マイ初日 | トップページ | 早稲田「舞台芸術入門」マイ千秋楽 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

初コメント失礼いたします。
こっっ、こんな夢のような授業がこの世にあるんですか!!!
早稲田ってすばらしい!!

90分をお一人で講義するって、その下準備などを考えると、
演出家、脚本家、そしてパフォーマンスをすべてお一人で一幕分こなすようなものですよね。すごいですっ
陰ながら応援しています!

いつか一般人向けにもセミナーしてください♪

2回目の授業も、とっても素敵な内容だったのですね~。
本当に早稲田の学生さんが羨ましいです。
祐飛さんの波乱万丈なトップスターへの道のりは、語っても語っても語りつくせませんよね~。
祐飛さんのファンにとっても、やっぱり一喜一憂、長い長い道のりでした…。
でも、今が最高に輝いている祐飛さんの舞台を観ていられるのが幸せな12月であります♡
3回目のご報告も楽しみにしています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早稲田「舞台芸術入門」マイ初日 | トップページ | 早稲田「舞台芸術入門」マイ千秋楽 »