発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 動画でDoki Doki | トップページ | 早稲田「舞台芸術入門」マイ初日 »

2011年11月 6日 (日)

究極の黒燕尾は?

早稲田大学の「舞台芸術入門」っていう講義のなかで、「男役論」と銘打って12月に3回ほど授業を担当させていただくことになりました。

この授業、担当の先生の「タカラヅカの素晴らしさをひとりでも多くの学生さんに伝えたいっ」というアツい想いで企画されています。
なので私も、アツい想いでぶつかって行きたいっ!

授業では映像を流すこともできるので、せっかくだから、タカラヅカの魅力が伝わるものを流したいと思っています。
今、セレクトに頭を楽しく悩ませているところなんですが、絶対はずせないのはやっぱり「男役の制服」黒燕尾!!

そこで、ツイッターで、皆さんが考える「究極の黒燕尾の場面」ってどこだと思いますか?と投げかけてみたところ、続々と回答をいただきました。
以下はそのまとめです(6日19時時点)。

「ミロワール」6票

「ロックオン」3票

「ゴールデンステップス」(羽山先生リサイタル)2票
+ベルばら2001(ゴールデンステップスver.) 1票

「ONE」2票
「ラプソディックムーン」2票
「ヒートオンビート」2票
「Cocktail」2票(うち1票は「匠版」指定)
「ASIAN WINDS!」の三味線 2票

「カルネヴァーレ睡夢」1票
「タカラヅカドリームキングダム」1票
「ネオダンディズム」のキャリオカ 1票
「ショー・アップ・ショー」のピーターガンの場面 1票
「90年花組ベルばら」1票

なんと雪組「ミロワール」が一番人気!!もう1回じっくり見直してみたくなっちゃいました。
「ロックオン」には「水さんの美意識と、サヨナラ公演ならではの男役の気合いが感じられる」といった声が寄せられております。
月組の「ONE」には「宝塚の代表的な楽曲が使われていると分かりやすいのでは?」との声もいただきました。なるほど〜。
「ショー・アップ・ショー」のピーターガンと「90年花組ベルばら」は、なつめさんの伝説的な場面ですね。

また、作品ではないのですが、「大階段に男役のみでピラミッド形で寸分の狂いもなく踊る場面を是非!」という声もお二方からいただきました。

このアンケートをまとめながら、私もいくつかの場面を見直してみたりしているのですが、改めて「タカラヅカの黒燕尾はカッコイイっ!!!」と感動せざるを得ません。
また、過去の作品のなかには、当時はあまり熱心に観なかったものもあるんですけど、今回見直してみて「こんなにカッコよかったんだー」と、魅力再発見してしまうものもあります。

追加のご意見も受け付けてますんで、ぜひお聞かせください♪

« 動画でDoki Doki | トップページ | 早稲田「舞台芸術入門」マイ初日 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
突然のコメントで失礼します。
中本先生の宝塚の本が大好きで、いつも楽しく読ませて頂いています。
今回、「なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか」を読んで、とっても面白かったので、中本先生にファンレター書きたいな~って思っていたら、このブログに辿り着きました。
男役の手の仕草って、いつも本当に素敵だなぁ~って思ってうっとり眺めていたのですが、中本先生の御本を読み、そういうことだったのか・・・と感動しきりです。
明日は、宙組公演を観に行くのですが、オペラグラスでしっかり大空祐飛さんの手の魅力も堪能してきたいと思います。
あ、私の好きな究極の黒燕尾の場面は、「シニョール・ドンファン」です~。
これからもまた先生のブログに立ち寄らせて下さいませ。どうぞよろしくお願いします。

》 ゆぴっぴさん

ファンレターコメント(笑)、ありがとうございます!!
ちなみに、ゆひさんファンの方から収集した情報によりますと、今回のクラシコもまた「手」が素敵だそうですよ(。-_-。)ポッ
(涙をぬぐう仕草に注目だとか…)
楽しんで来てくださいね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 動画でDoki Doki | トップページ | 早稲田「舞台芸術入門」マイ初日 »