発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 銀英伝ニコファーレ会談 | トップページ | 「銀河英雄伝説外伝 オーベルシュタイン編」を観た! »

2011年10月13日 (木)

新刊「なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか」

ヅカ系著書第三弾!「なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか」(東京堂出版)が発売されました!!

文章を書いたのは、私こと中本。

Photo_3

そして、今回イラストを描いてくれたのが、この人。

Top7

プチミュージアムの舞台模型でおなじみ、牧彩子さんであります。
(…単に2人のイラストを並べてみたかっただけ♪)

表紙は、牧さん渾身の「黒燕尾四十八手」になっておりますのよ。
(正確には二十手)
ついでに、裏表紙にもちらとご注目を〜。

「100年かけて創り上げられた芸術品」である、タカラヅカ男役のスゴツヨな魅力を探究してみました。
タカラヅカ100年の「伝統」と「変化」をたどる1冊にもなっております。

今なら、全国の主要大型書店の演劇書コーナーにあると思います。
東京宝塚劇場近くでは、有楽町駅そばの三省堂とか。
宝塚大劇場近くでは、ブックファーストもしくは、ブックランドサンクスにはきっとあるはず。

そして絶対あるのが、ここ。

299614_201555776584666_100001907368

神保町の東京堂書店さん!!

読んでくださった方の、忌憚なきご意見、ご感想なども、お待ちしています。


« 銀英伝ニコファーレ会談 | トップページ | 「銀河英雄伝説外伝 オーベルシュタイン編」を観た! »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

絶対に買います!!

今、宝塚読本をまたまた読み返し中・・・
私のご贔屓のしおりをはさみ、表紙の裏にはご贔屓ジェンヌさんのシールを貼り・・・
いつクラスの男子にばれるかひやひやしながら読んでます。
家ではゆっくりまったり読んでます♪

この本読ませてもらいました。宝塚の男役トップスターがどうして人がまねできないオーラを持っているのかがよく解りました。メールも送ったのですが届きましたでしょうか?私あの古城都さんにボイスレッスンを受けている生徒の一人です。月組の男役トップスターだった彼女、今でもかっこいい!ですよ。

皆様、コメントありがとうございます。
なお、内容によって、この場に掲載し続けることが不適切と判断した場合は、当方の判断により削除させていただく場合があります。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀英伝ニコファーレ会談 | トップページ | 「銀河英雄伝説外伝 オーベルシュタイン編」を観た! »