発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 雪組ロミジュリ、震災を超えて | トップページ | そして誕生日 »

2011年3月20日 (日)

被災地でボランティアをやるということ

昨日19日の13時から、、「孤立被災地」への支援活動を行っている日本ユニバ震災対策チームのボランティア説明会に行ってきました。

以下、リーダーの上野さんのお話をまとめます。こちらのボランティア活動に興味がある方に留まらず、今後で何か支援をしたいと思ってらっしゃる方すべてに役立つお話だと思うので、参考になさってください。

※太字は筆者によります。


◆行政が行き届かない部分を支援する

今回の震災が、阪神大震災と違うのは、被害が非常に広範囲にわたっており、被災した人の数も多い。おまけに山も多く入りづらい地域が多い。現状、大規模、中規模の避難所にしか支援物資が行き届いていない。

中には10~20人、ときには3人ぐらいで救援を待っている人たちもいるが、そういった小さな避難所には、まだまだ行政の支援は行き届いていない。我々は主に、こうした人たち向けに、国や行政とは違う側面から支援活動をしている。

◆支援の輪が広がりつつある

ツイッター等からの広がりのおかげで、皆さまからの協力の申し出が続々と届いている。義援金も思った以上に集まってきている。ヘリコプターでの物資運搬も、ボランティアでやってくださった方がいた(!)

◆現地とのコーディネイト機能が重要

だけど、「想い」だけで現地に行ってしまうと、現地ニーズとのズレが生じて、お互いにとって良い結果を生まない。そのため、コーディネイトの機能が重要になる。

◆段階によって必要とされる人材は違う

また、段階によって必要とされる人材は違うので、その意味でもコーディネイトが重要。現時点で最も必要とされるのは、危険な被災地にも踏み込んでいける経験のある人(元・自衛官とか)、そして車の運転ができて支援物資の運搬ができる人。その次の段階では、介護ができる方なども必要になってくるだろう。その後も、段階に応じてさまざまな人材が必要となってくるだろう。

だから、「すぐにでも行きたい!」という気持ちはわかるけれども、本当にその力が必要となるときまで、その気持ちを取っておいてほしい。もちろん、ここ東京でできることもたくさんある。

◆現地では「聞く」のではなく「感じる」能力が必要

とくに現地に行く人には、被災している人と、そうでない人とは視点が全然違うということを知っておいて欲しい。思いもよらぬことをいわれたりすることもあるから、現地に行くときは覚悟が必要。「何を望んでいるか」を聞くのではなく、「感じる」能力が求められる。このため、当NPOでは現地に行く人に必ず事前研修を行っている。

◆多くの人の力が必要

支援はきっと長引くはずだから、人数は多ければ多いほど良い(この後の採用担当・森さんも「今日集まっていただいた方約120名も全員採用」と話された)。また、運営方法への疑問など出てきた場合は、ぜひ直接聞いていただきたい。


※この後の質問コーナーで私は「数が最も必要なのは、支援物資の仕分けをする人ですか?」とお聞きしたのですが、

「そうです。この仕分けの仕事は、支援物資を届けてくださった方への対応もとても大切なので、サービス業などの経験が生かされます」

とのお答えが印象的でした。



以下は私見。震災のボランティアとして、求められる人材の条件はつぎの3つかなと理解しました。

1)自分に何ができるか…得意なこと、スキル、経験を明示できる人。これは求職活動と同じ。

2)もともと少人数で運営されている組織で、会社のように系統だったマネジメント機能が確立しているわけではない。細かいことに目くじらたてずに大らかな気持ちで、待ってるだけじゃなく自ら動ける人。

3)(そして、ここが一番重要なのだけど)見返りを求めないこと。…いや、人間たるものそれは難しいだろうけど、せめて、そういう気持ちを冷静にコントロールできる、自分を律することができる人。

« 雪組ロミジュリ、震災を超えて | トップページ | そして誕生日 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

同じ日にボランティア説明会&仕分けに参加させて頂いた者です。
説明会の内容をUPして頂きありがとうございます。good

私も物資を運ぶトラックの運転手もボランティアと聞いてビックリしました。実際自家用車で乗り付けて来られたのを何件も目撃しました。

仕事があり現地には行けませんが、できることをコツコツと続けて後方支援していきたいと思います。

こんにちは~。コメントありがとうございます。
説明会でのお話は、私の思いもよらなかったこともあり、勉強になりました。小さいですが「私にできること」ということで、書かせていただきました。

今後とも、どうぞよろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪組ロミジュリ、震災を超えて | トップページ | そして誕生日 »