発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 観劇納め「スタジオ54」 | トップページ | あけおめ2011 »

2010年12月30日 (木)

映画「ノルウェイの森」語り

昨日夜から山口の実家に帰省しております。
んで、ここぞとばかり近くのムービックス周南で「ノルウェイの森」みてきました。案の定ガラガラで30人ちょいぐらい?
やっぱり話題の映画は地元でみるに限ります。

語る前に私めの立場を明らかにしておくと、村上春樹の作品はひととおり読んだけど、「ノルウェイの森」だけが大好きという偽ハルキスト。
(真性ハルキストはどっちかというと逆らしいんで)
さらに登場人物のなかだと、緑が大好き。もう彼女は私にとっての理想の女性だっていうくらい好きなんであります♪

んで、映画で緑役を演じる水原希子さんが超可愛い!という噂を耳にしたので、すごく期待して観にいったのですが…


うー、なんか違う!!ふらふら


確かにビジュアルはまぁ良いんだけど、まず、髪がショートカットじゃないのが不満。
私のなかでのイメージは「誰鐘」の野々すみ花ちゃんぐらいのベリーショートだったのに。
それに、小説で好きだった数々のせりふ…「春の熊みたいに好きよ」はカットだったし、「いちごショート」のくだりはまるで棒読み…がっかり。主要キャスト他の2人の迫真の演技に比べるとやっぱりだいぶ見劣りしたのが残念でした。

なんだか全体的に湿っぽすぎる緑なんですよね~。
彼女は「死」に向ってゆく直子と対照的な「生」の象徴のような存在のはず。
その名の如く春の若木のような存在であってほしかったし、もっと明るく、あっけらかんと、ちょっとHなせりふもユーモラスに連発させて、ワタナベ君に「やれやれ」って言わせてほしかったなあ…

まぁこれはたぶんに構成・演出上の問題もあって、全体が「サナトリウムの四季折々の美しい自然のなかでの、ワタナベ君と直子のめくるめく愛の物語揺れるハートみたいに描かれてるから、緑の描き方がこの程度にしかならないのも仕方ないのかもしれません。

直子とのHなシーンはこれでもか~というくらいあるのに、緑とはまったくなかったのは、映画全体としてみたら良かったのだと思います。これで緑ともいっぱいあったら、ワタナベ君のイメージが単なる絶倫男になってしまうから。
にしても、松山ケンイチくんという役者さんを初めてじっくりみましたが、やっぱりイイですね~。いまどきの女子が癒されるのもよくわかります。

いっぽうの直子は、小説ではあまり実体がないような感じでよく理解できなかったというか、まあハッキリいって嫌いな女だったんだけど、こちらは逆に映画をみて初めて血の通った女性にみえたというか。ワタナベ君が優しくすればするほど、それが直子の生の根源を傷つけていくという残酷さが切なかったです。
さすが菊池凛子さん、この役を監督への強烈なアピールで自ら勝ち取っただけのことはある、彼女なりの直子像というのが明確に伝わってくる感じがしました。

その他のキャスト。永沢さんなんて、髪型からズボンまで想像してたとおりの人がいきなり現れましたって感じだったし、ハツミさんの女心はこの年になってからようやくわかる気がしましたね。レイコさんは過去のいろいろな部分がかなりカットされてたけど、最後にやることだけはやってた(笑)まぁあれはあれでいいんだと思います。

ま、要するにこの感想は、思い入れが強いキャラに対してほど、がっかり度も大きいという、人気作品の映画化・舞台化などでよくある話に過ぎませんねあせあせ

ともあれ小説のファンの方は一見の価値はアリといっていいんじゃないかなあ。
この手の映画の常として、100%満足するのは難しいかもしれませんが…。

« 観劇納め「スタジオ54」 | トップページ | あけおめ2011 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 観劇納め「スタジオ54」 | トップページ | あけおめ2011 »