発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「誰がために鐘は鳴る」初演版のこと | トップページ | (宝塚歌劇検定)1級試験対策を考える »

2010年10月30日 (土)

嵐のなかの観劇会

ヅカファンたるもの、観劇の予定が台風にぶち当たってしまう経験は2度や3度はあるものだ。
観劇できなくなって涙を飲んだり、決死の覚悟で観劇したおかげで「台風のなか、ありがとう!」とかいうアドリブを聞けて感動したり、結果としてそれは、いつもの観劇以上に忘れがたいものになる。


そして10月30日、我が観劇人生のなかにまたひとつ、そんな思い出が刻み込まれることになった。
「ジプシー男爵」16時公演の観劇会、その後には食事会も予定。
まさにその日、その時刻に台風14号台風の関東地方再接近が予測されたのであるげっそり

前日ぐらいから毎時間ごとにネットの台風情報チェックして、1センチでも南を通ってくれますようにと祈る私・・・たらーっ(汗)

観劇会は11名の方が参加予定。
私が劇場に着いてみたら、なんと全員がすでに無事到着済みだった(素晴らしい!)
なかにおひとり、輝ける80代(GLOW風)の方がいらっしゃったのだが、その方も、足が不自由なのを押して、ちゃんと来てくださってた。

そして観劇後は、食事会参加予定者7名が1階ロビーに集合し、ケータイの台風情報とにらめっこ。
行くべきか、行かざるべきか・・・ちょっとだけ迷うフリをした末、「せっかくだから、行きますか」と、予約してあったレストランへ向かう。
全員で、足の不自由な方をフォローしつつ、できるだけ濡れないよう地下道を通って、ゆっくりゆっくり気をつけながら進んだ。


案の定(?)食事会は盛り上がり、あっという間に約3時間が経過。
その間、台風は関東地方を通り過ぎてしまっていた。
しかも、祈りが通じたのか南の海側を通ってくれたらしく、帰るころには雨も小降りに、風もそれほど強くない。

「今日は食事会を早めに切り上げたほうが良さそうだな」という決意はいったい何だったんだろう??
だが、結果としてそれでよかった。

結論。
「ヅカパワーの前には台風もかたなし」


いやそれにしても、いろんな世代、いろんな観劇経験の方と、ともに舞台を観て、語り合う場があるっていいな・・・と、改めて実感した観劇会でありました。
嵐にもめげずに、ご参加くださった皆さまに感謝です!

« 「誰がために鐘は鳴る」初演版のこと | トップページ | (宝塚歌劇検定)1級試験対策を考える »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「誰がために鐘は鳴る」初演版のこと | トップページ | (宝塚歌劇検定)1級試験対策を考える »