発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 嵐のなかの観劇会 | トップページ | ポメラニアンになりました »

2010年10月31日 (日)

(宝塚歌劇検定)1級試験対策を考える

嵐ニモマケズ「ジプシー男爵を愛でる会」を無事終えて帰宅した私。
ポストをのぞくと、紫色の封筒が。宝塚歌劇検定委員会からである。

むむ、これはもしや合否通知。
さわると、何やらプラスチックカードらしき固いものが入っている。
ドキドキしながら開封してみると・・・

101031kenei

合格証キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

得点は51点。合格ラインが51点だからまさにギリギリ。
だが、受かってしまえばこっちのもの。効率的に合格した自分を褒めてあげよう~っ、と強気になれるのも合格したからこそうまい!


強気になりついでに、1級合格の秘訣ではないかと思うことを、自分なりに振り返ってみると、

1)特定の組ではなく、全組全作品、できるだけまんべんなく観劇すること。

2)観劇の際に、いろいろな出演者、役柄、演出家、ストーリー、音楽など、作品にまつわることに幅広く興味を持って観ること。

3)舞台だけでなく、歌劇・グラフを読み、キャトルレーブにどんなグッズを売っているかもチェックし、できればスカイステージも見るなど、宝塚に関連するメディアやグッズにも接しておく。

4)「ベルサイユのばら」と「エリザベート」については各組バージョンについてひととおり知っておく。

5)主要な歌曲についてはCDなどを聴いて知っておく(ヒアリングがあるので)。


といったところだろうか。
それともう一つ、長年タカラヅカをずっと観ている人のほうがやっぱり強い。
でも、これは今から取り返しのつかないことなので、最近ファンになった人や、ブランクのある人は、弱い時代の作品をスカステなどで観ておくとよいのかなと思う。
私も、間違えた問題の多くが、ブランク時代にまつわる問題だった。

まぁ要するに、タカラヅカ全体への「愛」揺れるハートが問われるってことですかね。

3級から2級、2級から1級と、級が上がるにつれて、テキストでの勉強ではなく、日々の観劇の積み重ねが効くような気がする。あ、でも、必ず3級から受けなきゃいけないので、テキスト購入は必須ですよ(と、阪急コミュニケーションズさんのためにも言っておこうw)。

いろいろと、えらそうに書いてみたけど、真面目にファンやってる人だったら必ず受かるのでは?というのが実感。
ヒアリング問題もなかなか楽しいし、一度トライしてみてはいかがでしょう?

« 嵐のなかの観劇会 | トップページ | ポメラニアンになりました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。