発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« レアカードに導かれ・・・ | トップページ | やめるのがこんなに難しいなんて »

2010年6月 8日 (火)

夫にするならやっぱりアルマン♪

「夫にするならパーシーとアルマン、どっちがいいか?」
これ、スカピンを観るたびに考えてしまうテーマである。

先日、月組の東京公演を観て、改めて確信した。
「夫にするならやっぱりアルマン揺れるハート」と。

・・・いえこれ、明日海アルマンだからってわけじゃーないですよ、いやちょっとそれもあるのかもしれないけどあせあせ

たとえ世間から「口の軽い男」といわれてもいい、私にだけはすべてを話してくれる人がいいなぁ。
「仕事のことは家庭に持ち込まず」のパーシーも、古き良きニッポン男子(イギリス人だけど)って感じでいいんだけど、私はやっぱりマリーのように、リスクも苦しみも共に背負っていきたいもんね。

てなわけで、やっぱり我が家の観葉植物芽には「アルマン」って命名したいと思う今日この頃であります。
(「歌劇」6月号99ページ参照のこと)

« レアカードに導かれ・・・ | トップページ | やめるのがこんなに難しいなんて »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レアカードに導かれ・・・ | トップページ | やめるのがこんなに難しいなんて »