発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« そして本番 | トップページ | ブラ三で学ぶリーダーシップ »

2010年4月14日 (水)

さよならネトゲ廃人

Kosonsan_3 熱中のあまり関係各所で迷惑と心配をかけている「ブラウザ三国志(略してブラ三)」だが、本日7時、ようやくゲームオーバーとなった。

以下はブラ三10鯖「私の歴史書」

1)12月11日11時、ブラ三にはまっている知人からの「とにかく入ってみて!」電話でわけもわからず登録。ツワモノぞろいの激戦区に本拠ができてしまう。

2)のんびり城の周りを囲ったりしていたら、隣の人から強硬に誘われ、とある同盟の支部に拉致される。

3)NPC砦をNPO砦と書簡に書いてしまい、支部の盟主さんに叱られる。

3)同盟員として勤勉に活動していたら、いきなり「本部に異動になりました」と内示。会社員時代以来の人事異動にびっくり。

4)NPC砦落としにおける「フライング問題」にムッとする。

5)本拠近くが煮詰まったので、北東の僻地に旅立ち、領地狩りにいそしむ。ここでも「同盟員の隣接資源地かすめ取り問題」に怒るが、やがて「人生どこでも弱肉強食、スピード勝負」と悟りを開く。

6)目標を失って、煮詰まる。当時の口癖は「城持ち同盟に転職したい」。

7)盟主さんがリアルで多忙になり、立地だけの理由で私に白羽の矢。軽い気持ちで引き受けてみる。

8)引き受けたその日に2chをゆるがす大事件に巻き込まれる。外交担当氏のがんばりで窮地を脱する。やりとりの書簡の文章に感動する。

9)軍備増強と外交にいそしむ。同盟員時代と視野が変わるも、このころからネトゲ廃人への道まっしぐら。

10)ブログの更新が止まる。

11)同盟間大戦争への参戦を決め「戦う盟主」に。ついに、夢だった「城攻め」を果たすも、あえなく玉砕。

12)最終日の前日深夜、奇襲を受け、危うく配下同盟になりそうになる。同盟員の夜通しアシストに支えられ、辛くも防衛に成功。人生初の「完全徹夜」を経験する。


いや~、とくに最後の1カ月は思ってもみないドラマの連続だった。
本名はおろか、年齢も職業も性別でさえもわからない人たちとこんなに一致団結してものごとをやり遂げるって本当にすごい。

これが「現代の遊び方」なんだろうって思う。ほんと面白かったよ。きっと今後の糧になると思う・・・ということにしておこうっとウインク


もはや、思い残すことはござらん。
明日からはリアルの世界に戻ろう。

« そして本番 | トップページ | ブラ三で学ぶリーダーシップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならネトゲ廃人:

« そして本番 | トップページ | ブラ三で学ぶリーダーシップ »