発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« じゅりかし「ぼわぼわ」対談 | トップページ | 極寒 »

2010年3月 5日 (金)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.5

なんだかねー、選択肢を考えるほうにすごいパワー取られちゃって、じつは勉強になってない気もするふらふら
まぁいいけど。

では、今日もいってみよー!


◆Q21
いわゆる「ベルばら4強」トップスター、このなかで一番早く退団した人は誰?

1)安奈淳(花組)
2)榛名由梨(月組)
3)汀夏子(雪組)
4)鳳蘭(星組)


◆Q22
往年の大演出家たち、その代表作との組み合わせで間違っているものはどれ?

1)白井鐵造-花詩集
2)高木史朗-華麗なる千拍子
3)渡辺武雄-火の鳥
4)鴨川清作-シャンゴ


◆Q23 近年のタカラヅカでのできごと、つぎの4つのうち一番最近のものはどれ?

1)タカラヅカ・スカイ・ステージ開局
2)韓国公演
3)新・東京宝塚劇場オープン
4)宙組誕生


◆Q24 荻田作品ならではのアンニュイな雰囲気が魅力だった2005年花組公演「マラケシュ・紅の墓標」。この作品に出演してなかった人は次のうち誰?

1)初風緑
2)彩吹真央
3)蘭寿とむ
4)遠野あすか


◆Q25 大正7年創刊の歴史と伝統ある雑誌「歌劇」、創刊当初の定価はずばり、いくら?

1)5銭
2)10銭
3)15銭
4)20銭



チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>


◆Q21 1)安奈淳(花組)

1)1978年、サヨナラ公演は「風と共に去りぬ」 2)1982年まで月組トップをつとめ、その後専科へ。1988年退団。3)1980年、「去りゆきし君がために」で退団。 4)1979年、「白夜わが愛」で退団。

・・・ホントは「一番長くトップをつとめた人は?」にしたかったのだけど、この時期の人は皆就任期間が長く、ダブルトップも多くて複雑なので挫折バッド(下向き矢印)


◆Q22 3)渡辺武雄-火の鳥

1)「宝塚レビューの父」だそーです。2)初代パイナップルの女王は寿美花代。3)「火の鳥」じゃなくて「火の島」ですな。「日本郷土芸能研究会」の中心として活動、民族舞踊シリーズを発表した人。4)ご存知「ノバ・ボサ・ノバ」もこの人。夭折の天才。(以上、基礎ガイド152p)


◆Q23 2)韓国公演

順に並べると、4)宙組誕生(1998年)→3)新・東京宝塚劇場オープン(2001年)→1)タカラヅカ・スカイ・ステージ開局(2002年)→2)韓国公演(2005年)。意外とごっちゃになってるー!?(基礎ガイド24p)


◆Q24 1)初風緑

1)専科で特出していたのは樹里咲穂。この作品が大劇場サヨナラだった。初風緑は同年の宙組「炎にくちづけを」がサヨナラ。2)ヒロインのダンナ役で砂漠を彷徨ってた。3)翌2006年に宙組へ。4)翌2006年に専科へ。(テキスト14p)


◆Q25 4)20銭

ちなみに、昭和11年創刊の「宝塚グラフ」も定価は20銭だった(基礎ガイド18p)

« じゅりかし「ぼわぼわ」対談 | トップページ | 極寒 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.5:

« じゅりかし「ぼわぼわ」対談 | トップページ | 極寒 »