発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2 | トップページ | 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.4 »

2010年3月 2日 (火)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.3

3日目にして、すでに疲れてきましたがふらふら
ここで挫折したら「3日坊主」にもなれないので、がんばります・・・


◆Q11
つぎのトップ娘役経験者のうちで、同期にトップ娘役経験者がいないのは誰?

1)舞風りら
2)遠野あすか
3)陽月華
4)蒼乃由妃


◆Q12
ずばり、フィナーレで全員が手に持つ「シャンシャン」のリボンの長さは何センチでしょう?

1)160センチ
2)180センチ
3)200センチ
4)220センチ


◆Q13
新人公演に関するつぎの各記述で、正しいものはどれ?

1)初めて新人公演が行われたのは1958年。
2)ショーの新人公演が行われることはない。
3)娘役が主演することはない。
4)新人公演の主演経験がない人はトップスターになれない。


◆Q14
とにかく役替わりがすごかった2006年「ベルサイユのばら」。星組「フェルゼンとマリー・アントワネット編」宝塚大劇場公演でオスカル役を演じなかった人は、つぎのうち誰?

1)安蘭けい
2)朝海ひかる
3)大空祐飛
4)霧矢大夢


◆Q15
タカラヅカ名物フィナーレ、一番最後に羽根を背負って大階段を降りてくるトップスターが途中で立ち止まるのは上から何段目?

1)14段目
2)15段目
3)16段目
4)17段目


チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>

◆Q11 3)陽月華

1)舞風りらはふづき美世と同期(81期)、2)遠野あすかは白羽ゆりと同期(84期)、4)蒼乃由妃は愛原実花と同期(90期)。


◆Q12 4)220センチ

意外と長いな・・・(基礎ガイド48p)


◆Q13 1)初めて新人公演が行われたのは1958年。

1)1958年「花の饗宴(うたげ)」という作品だそうです。古い~。2)1999年雪組・月組「ノバ・ボサ・ノバ」などでやってます(基礎ガイドでは月組しか書いてないが、雪組もやってますから! ここ強調!!)3)1994年雪組「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役(本役は一路真輝)を花總まりがやっている。4)朝海ひかるが新人公演を経ずして雪組トップになった話は有名。(以上、基礎ガイド52p)


◆Q14 1)安蘭けい

このときはアンドレを演じている。安蘭けいがオスカルを演じたのは同公演の東京公演。このときのアンドレは立樹遙/柚希礼音の役替わり。(テキスト36p)


◆Q15 3)16段目

現在の大階段は26段ある。だいたい下から3分の1ぐらいのとこってことね(基礎ガイド40p)。

« 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2 | トップページ | 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.4 »

コメント

初めまして★
私も宝塚検定受けるので、予想問題を作ってくださると、すっごく助かりますっ(=・ω・)/
作るのは難しいと思いますが、是非また問題作って下さい♪
楽しみにしてます☆彡

こんにちは!

毎日楽しくやっております。
とても楽しいし「あーそうかそうか」ということが多いのでどうぞ頑張って出題お願いします。

ほんと、予想問題面白いですよ~

1週間たったら、復習でもう一度やろうと自分で決めています!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.3:

« 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2 | トップページ | 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.4 »