発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010年3月28日 (日)

そして本番

いよいよ今日は「第一回宝塚歌劇検定」本番。
帰宅して、自己採点してみたら、なんとなんと、3級も2級も同じ54点(60点満点)だった。

合格ラインが3級42点、2級48点だから、自己採点によほどのズレがない限り、とりあえずハンディおとめとサインはゲットできるかな?

それにしても、3級2級が同点とはびっくり。
じつをいうと、3級問題の予想外の難しさに愕然とした。ぶっちゃけ満点近く取れるとタカをくくってたから、「3級でこれだと、2級はいったい?げっそり」と、空恐ろしい気分で2級を受験したのだが、フタを空けたらこれだった。

どうも問題の傾向が3級と2級で多少違っていたみたい。
3級はテキストをひたすら読み込んで勉強すればいいような問題だったけど、2級のほうは机上の勉強だけじゃなくて、これまで色んな作品をたくさん観てる人ほどできる問題が多かったように思う。
つまり「愛は勝つ揺れるハートってことですね。それも、偏った愛ではなくって、息長く隔てのない愛ね。

ちなみに、「予想問題」はけっこうイイ線いってましたね~手(チョキ)
ドンピシャなのもあったし。

2級合格の際のサインの第一希望に「春日野八千代先生!!」って書いておいたんだけど、どうだろう。
いや本当に尊敬してるから、もらえたらマジでうれしいんだけどな。

2010年3月27日 (土)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.8(ダメ押し30問!)

はっきりいって、ヤバイです・・・げっそり
「ブラ三」のばかやろぉぉぉ波


◆Q1.宝塚少女歌劇の第1回公演はいつ?


◆Q2.花組・月組が誕生したのは?


◆Q3.雪組誕生のきっかけは?


◆Q4.日本初のレビュー「モン・パリ」で初登場した、2つの宝塚名物といえば?


◆Q5.「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の「スカイ・フェアリーズ」は研究科何年以下の生徒?


◆Q6.ラインダンスは、通常何の倍数で編成される?


◆Q7.トップスターが背負う羽根、現在は全長約○メートル、重さは平均○キロ以上。


◆Q8.トップスターが背負う羽根、何の羽根でつくられている?


◆Q9.現在の大階段は何段?


◆Q10.トップスターが立つのは大階段の上から何段目?


◆Q11.銀橋が初登場したのは何年の何という作品から?


◆Q12.ミラーボールが登場したのは何年代から?


◆Q13.「シャンシャン」命名のきっかけとなった1950年の公演は?


◆Q14.シャンシャンのリボンの長さは?


◆Q15.日本の劇場で初めてマイクを使用したのは、1934年の何という公演?


◆Q16.初めてワイヤレスマイクを使用したのは?


◆Q17.初めて新人公演が行われたのは、1958年の何という公演?


◆Q18.スターの役替わりや、ペガサスに乗ったオスカルなどが評判となった「ベルサイユのばら」上演は何年のこと?


◆Q19.現在のような形で初舞台生のお披露目が行われるようになったのは、戦後間もない何年のこと?


◆Q20.全国ツアーは年何回行われる?


◆Q21.現在の宝塚大劇場の客席は何席?


◆Q22.東京宝塚劇場の客席は何席?


◆Q23.バウホールの「バウ」とはどういう意味?


◆Q24.宝塚音楽学校の一次試験の科目は?


◆Q25.「ベルサイユのばら」を初演したのは何組?


◆Q26.天海祐希がトップになったのは研究科何年目?


◆Q27.1960年に芸術祭賞を受賞した「華麗なる千拍子」の上演は何組?


◆Q28.専科制度ができたのは何年?


◆Q29.各組からスタークラスが専科に異動した、いわゆる「新専科制度」ができたのは何年?


◆Q30.演出家の三巨匠といわれているのは誰?



チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>

◆A1.1914(大正3)年、第一次世界大戦の年


◆A2.1921(大正10)年


◆A3.1924年の宝塚大劇場の完成。


◆A4.「大階段」と「ラインダンス」


◆A5.研究科4年


◆A6.4の倍数


◆A7.全長約2メートル、平均10キロ以上。


◆A8.オーストリッチ(=ダチョウだって)、キンケイ、ギンケイ


◆A9.26段


◆A10.16段目(異説もあるようだが、テキストはこうなってます(^^;)


◆A11.1931年「ローズ・パリ」


◆A12.1960年代


◆A13.白井「アラビアン・ナイト」


◆A14.2.2メートル


◆A15.1934年「ヂャブ・ヂャブ・コント」


◆A16.1955年「キスメット」


◆A17.1958年「花の饗宴(うたげ)」


◆A18.2006年


◆A19.1947年


◆A20.3回


◆A21.2550席


◆A22.2069席


◆A23.英語の「Bow」船の舳先のこと。「新しい時代のさきがけとなるように」の意味。


◆A24.面接のみ。二次が「面接+歌唱・舞踊」、三次が「面接+健康診断」。


◆A25.月組


◆A26.研7だって(@_@)


◆A27.星組


◆A28.1927年(モン・パリ上演の年)


◆A29.2000年


◆A30.白井鐵造・高木史朗・内海重典

2010年3月18日 (木)

アラフォー盟主

ここ2日ほど、ものすごく慌しかった。
・・・というのも、相変わらずやってる「ブラウザ三国志」で、諸事情により同盟「盟主」になってしまったからである。それも100人規模のけっこうな大同盟。

さらに折悪しく、交替と共に他同盟と「すわ開戦か!」の危機がやってきてしまった。
気分はまさにテレーゼ。ああ、私のエディやフランツルはいったいどこにいるのぉぉたらーっ(汗)
(注:星組公演「ハプスブルクの宝剣」ネタです)

だいたい私みたいなアラフォー女子の盟主なんて、いないんじゃないの?
正直、「こんな人生でいいのか」と思わないといったらウソになる。
他のアラフォー女子が子育てに忙殺されているとき、私だけが近衛騎兵ウマを育てていていいのか・・・と。

だがこのゲーム、皆さんかなーり真剣に、持てる能力と自己の存在意義を賭けて挑んでいるのだ。しかも、どの会社に就職するかで人生が決まるかの如く、どういう同盟に所属するかでこのゲームは決まるといっていい。これはもう責任持ってやるしかないだろう。そこに「仕事かどうか」といったくだらぬ優劣はあるまい。

ただ、このゲームは終盤で、終わりの時期が見えているからがんばれるっていうのは、ある。最初から盟主やれっていわれたら、もう絶対無理無理無理~げっそり

天下統一とかしちゃう同盟の盟主さんなんて、いったいどんな人なんだろう。
「ブラ三の○鯖で天下取った同盟の盟主やってました」っていえば、どんな会社でも就職できるんじゃないかと思うぐらい。私が人事なら絶対採用するね。

リーダーシップとかマネジメント能力身につけたいって思ってる人は、一度ブラ三の盟主やってみたらいいんじゃないかしら。
絶対勉強になると思うな。

2010年3月10日 (水)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.7

どこぞのワイドショーで、宝塚歌劇検定のことをやってて、Q15「大階段を降りてくるトップスターが途中で立ち止まるのは上から何段目?」っていう問題が出たという話を聞きました。
・・・ってことは、この問題はもう出ないなウッシッシ

では、今日もがんばっていってみよう!


◆Q31 タカラヅカ名物「大階段」についての記述で、つぎのうち間違っているものはどれ?

1)初めて大階段が登場したのは、1927年の「モン・パリ」から。
2)初登場のころは16段だったのが、だんだん増えて現在は26段。
3)1段の踏み幅はわずか23センチしかない。
4)プロローグからフィナーレまでずっと大階段を使い続けた作品がある。


◆Q32 つぎのうち、宝塚少女歌劇第1回公演時からあったものはどれ?

1)花組
2)生オケ
3)緑の袴
4)ミラーボール


◆Q33 座付演出家の大御所、岡田敬二氏の「ロマンチック・レビュー」シリーズに入らない作品は、つぎのうちどれ?

1)ASIAN WINDS!
2)レ・ビジュー・ブリアン
3)ネオ・ダンディズム!
4)Amour それは・・・


◆Q34 渋好みの貴方のための問題、つぎの専科の人たちのなかで一番ベテランな人(入団年次の早い人)は誰でしょう?

1)磯野千尋
2)一樹千尋
3)箙かおる
4)星原美沙緒


◆Q35 タカラヅカの歴史に残る名作ショー「ノバ・ボサ・ノバ」、「ベルばら初演」の1974年以降で上演したことのない組はどれ?

1)花組
2)月組
3)雪組
4)星組


チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ


<解答と解説>

◆Q31 2)初登場のころは16段だったのが、だんだん増えて現在は26段。

1)そのとおり。2)1957年の「レビュー30周年記念公演」で50段のものが登場したらしい(どんなや!)。3)ほんと。怖! 4)1983年「オペラ・トロピカル」がそうだったらしい。(以上、基礎ガイド40p)


◆Q32 2)生オケ

1)最初は組に分かれてなかった。2)基礎ガイド30p参照! 3)1921年以来。劇団生徒が着ていたのが、たまたま小林一三の目にとまり「それ、いいじゃん!」ってことになったらしい(基礎ガイド27p) 4)戦前はさすがにない。1960年代から登場したらしい(基礎ガイド41p)


◆Q33 2)レ・ビジュー・ブリアン

1)2005年花組、シリーズ第16弾。2)2006年月組、演出は酒井澄夫。3)2006年星組、シリーズ第17弾。4)2009年宙組、シリーズ第18弾。ちなみに第1弾は1984年花組の「ジュテーム」だそうな。


◆Q34 4)星原美沙緒

4)星原美沙緒(1972年入団)→2)一樹千尋(1973年入団)→1)磯野千尋(1974年入団)→3)箙かおる(1975年入団)の順。皆さん、私が初めてタカラヅカ観たころからいた人なんだ・・・すごい。


◆Q35 4)星組

1)花組→1976年、安奈淳主演。2)月組→1999年、真琴つばさ主演。3)雪組→1999年、轟悠主演。ちなみに、「ノバ・ボサ・ノバ」自体の初演は1971年の星組、真帆志ぶき主演。ビバ~~~~~~~~サンバッダッシュ(走り出す様)

2010年3月 8日 (月)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.6

「千葉女子高校の入試問題より難しいんじゃないか」とのご指摘をいただきましたが、この問題、カンペキに私の好みでつくってます。

少なくとも3級の問題よりは難しいと思うので、できなくってもガッカリしないでくださいね。


◆Q26 シェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」、タカラヅカでも何度か上演されていますが、「ロミオ-ジュリエット」の組み合わせで次のうち間違っているのはどれ?

1)峰さを理-若宮あいの
2)大地真央-黒木瞳
3)天海祐希-麻乃佳世
4)水夏希-彩乃かなみ


◆Q27 娘役の最高峰、マリー・アントワネット役を演じたことがある次の各娘役スターのうち、「じつは男役から転向しました」って人は誰?

1)初風諄
2)仁科有理
3)ひびき美都
4)毬藻えり


◆Q28 タカラヅカの歴史を塗り替えた「モン・パリ」についての次の記述のうち、間違っているのはどれ?

1)関東大震災からちょうど4年後に初日の幕が開いた。
2)この公演で16段の大階段が初登場した。
3)この公演で初めてラインダンスが行われた。
4)この公演から化粧法も一新した。


◆Q29 阪神・淡路大震災にみまわれた1995年、宝塚大劇場での公演が震災により中止となった作品はどれ?

1)花組「哀しみのコルドバ」
2)月組「ハードボイルドエッグ」
3)雪組「雪之丞変化」
4)星組「国境のない地図」


◆Q30 生オケが魅力のタカラヅカ、つぎのうち宝塚大劇場の指揮者じゃない人は誰でしょう?

1)岡田良機
2)佐々田愛一郎
3)御崎恵
4)太田健


チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ


<解答と解説>

◆Q26 2)大地真央-黒木瞳

1979年、このときのジュリエットは「葦笛るか」って人(基礎ガイド89p)。黒木瞳は1981年入団だから、このころはまだ相手役じゃなかった。ちなみに今年も星組コンビでやりますね~♪


◆Q27 1)初風諄

・・・なのだそうです(基礎ガイド26p)。し、知らんかった~げっそり
(それにしてもアントワネット役者って意外と男役顔の人が多いんだな)


◆Q28 4)この公演から化粧法も一新した。

1)関東大震災は1923(大正12)年9月1日、「モン・パリ」初日は1927(昭和2)年9月1日。その後、9月1日は「レビュー記念日」に。4)化粧法が一新したのは、1930年「パリゼット」からだそうです(以上、基礎ガイド19p)。どうやら白塗りからドーランに変わったらしい!?


◆Q29 2)月組「ハードボイルドエッグ」

ちょうどこの年にファン復活した私、「ハードボイルドエッグ」上演中の東京宝塚劇場付近が異様な熱気衝撃だったのを覚えてる。ちなみに、花組「哀しみのコルドバ」も震災のため上演期間が短縮された。「基礎ガイド」の組別年表を参照のこと。


◆Q30 4)太田健

太田健は専属の作曲家。もうひとりの指揮者は大谷木靖(基礎ガイド30p)。御崎恵さんの笑顔が好きです私揺れるハート

2010年3月 7日 (日)

目標がないのは不健全

「目標」を失うと人間かなり病んだ状態になるというのは、人生も「ブラウザ三国志」も同じらしい。

ゲーム終盤になると、ほとんどの場合やることがなくなるから、一気につまらなくなる。みんな刺激を求めるようになるから、いざござもよく起こる。

こういう状態のなかで、自分で目標見つけて淡々とやり続けるって至難の業だ。
これまた人生と同じ!?

・・・だったらやめればいいのだが、今まで積み重ねてきたものがあるから、そう簡単に降りられないのが難しいところだげっそり
(これまた人生と同じか!?)

2010年3月 6日 (土)

極寒

某テレビ番組の収録に協力してきた。

・・・といっても、後ろのほうに並んでるギャラリーのひとりとして参加しただけ。詳細は「放映日まではブログなどに書かないで」といわれたから、書かない。

でも、どうしてもひとこといいたい!
「寒かったよ~~げっそり

とにかく、スタジオが寒くて寒くて仕方なかった。
照明で暑くなるので冷房をわざときつくしてあるのか、よくわからないけど、とにかく極寒だった。

若い女性タレントさんは誰も厚手のやぼったい服は着てない。
みんな、ひらひら~っとした薄手の露出度の高い服。
1時間ちょいの番組なのに、収録は4時間ぐらいかかる。その間ずーっとその格好なんだからえらいなと思う。
よほど我慢強いのか、あるいは高性能の防寒下着をつけてるのか。

帰宅後、妹といっしょに近所の中華料理屋さんでゴハンを食べ、温かい紹興酒を飲み、やっと人心地がついたのだったたらーっ(汗)

「なにごとも経験」と思って引き受けたことだ。もっと気の効いた感想を述べたいとこだけど・・・やっぱり寒さには勝てない。

2010年3月 5日 (金)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.5

なんだかねー、選択肢を考えるほうにすごいパワー取られちゃって、じつは勉強になってない気もするふらふら
まぁいいけど。

では、今日もいってみよー!


◆Q21
いわゆる「ベルばら4強」トップスター、このなかで一番早く退団した人は誰?

1)安奈淳(花組)
2)榛名由梨(月組)
3)汀夏子(雪組)
4)鳳蘭(星組)


◆Q22
往年の大演出家たち、その代表作との組み合わせで間違っているものはどれ?

1)白井鐵造-花詩集
2)高木史朗-華麗なる千拍子
3)渡辺武雄-火の鳥
4)鴨川清作-シャンゴ


◆Q23 近年のタカラヅカでのできごと、つぎの4つのうち一番最近のものはどれ?

1)タカラヅカ・スカイ・ステージ開局
2)韓国公演
3)新・東京宝塚劇場オープン
4)宙組誕生


◆Q24 荻田作品ならではのアンニュイな雰囲気が魅力だった2005年花組公演「マラケシュ・紅の墓標」。この作品に出演してなかった人は次のうち誰?

1)初風緑
2)彩吹真央
3)蘭寿とむ
4)遠野あすか


◆Q25 大正7年創刊の歴史と伝統ある雑誌「歌劇」、創刊当初の定価はずばり、いくら?

1)5銭
2)10銭
3)15銭
4)20銭



チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>


◆Q21 1)安奈淳(花組)

1)1978年、サヨナラ公演は「風と共に去りぬ」 2)1982年まで月組トップをつとめ、その後専科へ。1988年退団。3)1980年、「去りゆきし君がために」で退団。 4)1979年、「白夜わが愛」で退団。

・・・ホントは「一番長くトップをつとめた人は?」にしたかったのだけど、この時期の人は皆就任期間が長く、ダブルトップも多くて複雑なので挫折バッド(下向き矢印)


◆Q22 3)渡辺武雄-火の鳥

1)「宝塚レビューの父」だそーです。2)初代パイナップルの女王は寿美花代。3)「火の鳥」じゃなくて「火の島」ですな。「日本郷土芸能研究会」の中心として活動、民族舞踊シリーズを発表した人。4)ご存知「ノバ・ボサ・ノバ」もこの人。夭折の天才。(以上、基礎ガイド152p)


◆Q23 2)韓国公演

順に並べると、4)宙組誕生(1998年)→3)新・東京宝塚劇場オープン(2001年)→1)タカラヅカ・スカイ・ステージ開局(2002年)→2)韓国公演(2005年)。意外とごっちゃになってるー!?(基礎ガイド24p)


◆Q24 1)初風緑

1)専科で特出していたのは樹里咲穂。この作品が大劇場サヨナラだった。初風緑は同年の宙組「炎にくちづけを」がサヨナラ。2)ヒロインのダンナ役で砂漠を彷徨ってた。3)翌2006年に宙組へ。4)翌2006年に専科へ。(テキスト14p)


◆Q25 4)20銭

ちなみに、昭和11年創刊の「宝塚グラフ」も定価は20銭だった(基礎ガイド18p)

2010年3月 4日 (木)

じゅりかし「ぼわぼわ」対談

噂のミュージカル「サイド・ショウ」で双子役を演じる樹里咲穂さん&貴城けいさん。
二人の対談インタビューーがアサヒコムの「スターファイル」に掲載されました。

以下のページからいけます。
http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/OSK201003020078.html


2人とも「ぼわぼわしてるとこ」が共通点なのだそーです。だから「ぼわぼわ」対談ウインク
一見甘えた感じでしゃべるんだけど、じつは鋭いことをビシッという「かしげ節」と、ユーモラスだけど常に気配りを忘れない「じゅり節」はどちらも健在。まさに姉妹のようなコンビネーションでした(もちろん樹里さんが姉です)。

ファンの方からも好評みたいで、うれしいーわーい(嬉しい顔)
http://shiroyagi2006.blog75.fc2.com/
http://www4.rocketbbs.com/141/okassy.html


また、「Astand スターファイル」ではこのほかにもタカラヅカOG情報や素敵な写真が盛りだくさん。ワンコインドル袋の価値ありまっせ~。

ぜひぜひご登録くださいませ・・・って、アサヒコムの回し者からのお知らせでした(笑)

2010年3月 3日 (水)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.4

すっかり三日坊主になりかけてましたが、皆さまの励ましコメントで立ち直りました。現金で単純な私ですあせあせ


◆Q16
つぎのトップコンビのうち、宝塚大劇場でのお披露目が一番後のコンビはどれ?

1)春野寿美礼&桜乃彩音(花組)
2)水夏希&白羽ゆり(雪組)
3)安蘭けい&遠野あすか(星組)
4)大和悠河&陽月華(宙組)


◆Q17
宝塚音楽学校の現在のカリキュラムで、つぎのうちにないものはどれ?

1)茶道
2)合唱
3)ピラティス
4)ボイストレーニング


◆Q18
かつてヨーロッパに遊学し、日本初のレビュー「モン・パリ」を生んだ演出家、岸田辰彌をモデルとした「クシダ氏」が案内役を務めたレビューといえば?

1)ザ・レビュー'99
2)レヴュー誕生
3)レヴュー伝説
4)エンター・ザ・レビュー


◆Q19
タカラヅカでは、海外の振付家やダンサーを招聘してくることがしばしばある。つぎの組み合わせで間違っているものはどれ?

1)王家に捧ぐ歌-マイヤ・プリセツカヤ
2)REVUE OF DREAMS-ジーン・バトラー
3)ファンシー・ダンス-ダレン・リー
4)レビュー・オルキス-オスカル・アライス


◆Q20
タカラヅカ名物ラインダンス、さてこれまでの最多人数は何名?

1)88名
2)90名
3)100名
4)126名



チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ


<解答と解説>


◆Q16 4)大和悠河&陽月華(宙組)

1)ふづき美世の退団後、桜乃彩音がトップ娘役となったのは2006年6月「ファントム」から。2)2007年5月「エリザベート」から。3)2007年3月「さくら/シークレット・ハンター」から。4)2007年6月「バレンシアの熱い花/宙FANTASISTA!」から。2007年はトップお披露目ラッシュの年でした~(以上、テキスト64pより)


◆Q17 1)茶道
「茶道」や「筝・三味線」は最近なくなってしまったらしい (基礎ガイド91p)


◆Q18 3)レヴュー伝説

1)名作「ザ・レビュー」を花組と宙組で22年ぶりに再演。2)2003年花組、「野風の笛」と同時上演。3)2005年宙組。クシダ氏を演じたのは専科の未沙のえる。「モン・パリ」にも本人をモデルにした串田福太郎という人物が案内役として登場したらしい(テキスト11p)。意外とベタな演出だったんだな~冷や汗 4)2005年花組、春野寿美礼の女装で話題に。

にしても、タカラヅカのショーって「なんちゃらレビュー」ってタイトルが多い!


◆Q19 2)REVUE OF DREAMS-ジーン・バトラー

1)2003年星組。2)2005年月組。ジーン・バトラーは「リバーダンス」の初代プリンシパル。同時上演の「JAZZYな妖精たち」でアイリッシュダンスの振付を担当した(テキスト22p)3)2007年月組。ダレン・リーは「コパカバーナ」の振付も担当した。4)2007年星組。


◆Q20 4)126名

2)90周年を記念した「タカラヅカ・グローリー!」にて。ラインダンスは通常4の倍数で構成するので、これは異例。4)1986年「レビュー交響楽」で126名のラインダンスをやったそうです。すっごい!(以上、基礎ガイド34p)

2010年3月 2日 (火)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.3

3日目にして、すでに疲れてきましたがふらふら
ここで挫折したら「3日坊主」にもなれないので、がんばります・・・


◆Q11
つぎのトップ娘役経験者のうちで、同期にトップ娘役経験者がいないのは誰?

1)舞風りら
2)遠野あすか
3)陽月華
4)蒼乃由妃


◆Q12
ずばり、フィナーレで全員が手に持つ「シャンシャン」のリボンの長さは何センチでしょう?

1)160センチ
2)180センチ
3)200センチ
4)220センチ


◆Q13
新人公演に関するつぎの各記述で、正しいものはどれ?

1)初めて新人公演が行われたのは1958年。
2)ショーの新人公演が行われることはない。
3)娘役が主演することはない。
4)新人公演の主演経験がない人はトップスターになれない。


◆Q14
とにかく役替わりがすごかった2006年「ベルサイユのばら」。星組「フェルゼンとマリー・アントワネット編」宝塚大劇場公演でオスカル役を演じなかった人は、つぎのうち誰?

1)安蘭けい
2)朝海ひかる
3)大空祐飛
4)霧矢大夢


◆Q15
タカラヅカ名物フィナーレ、一番最後に羽根を背負って大階段を降りてくるトップスターが途中で立ち止まるのは上から何段目?

1)14段目
2)15段目
3)16段目
4)17段目


チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>

◆Q11 3)陽月華

1)舞風りらはふづき美世と同期(81期)、2)遠野あすかは白羽ゆりと同期(84期)、4)蒼乃由妃は愛原実花と同期(90期)。


◆Q12 4)220センチ

意外と長いな・・・(基礎ガイド48p)


◆Q13 1)初めて新人公演が行われたのは1958年。

1)1958年「花の饗宴(うたげ)」という作品だそうです。古い~。2)1999年雪組・月組「ノバ・ボサ・ノバ」などでやってます(基礎ガイドでは月組しか書いてないが、雪組もやってますから! ここ強調!!)3)1994年雪組「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役(本役は一路真輝)を花總まりがやっている。4)朝海ひかるが新人公演を経ずして雪組トップになった話は有名。(以上、基礎ガイド52p)


◆Q14 1)安蘭けい

このときはアンドレを演じている。安蘭けいがオスカルを演じたのは同公演の東京公演。このときのアンドレは立樹遙/柚希礼音の役替わり。(テキスト36p)


◆Q15 3)16段目

現在の大階段は26段ある。だいたい下から3分の1ぐらいのとこってことね(基礎ガイド40p)。

2010年3月 1日 (月)

「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2

テキスト読んでると、意外とマニアな発見があってびっくり!
さてさて、今日もいってみますよ~ダッシュ(走り出す様)


◆Q6
舞台装置も独特の宝塚、つぎのうち宝塚大劇場に存在したことがないものはどれ?

1)金橋
2)銀橋
3)銅橋
4)花道


◆Q7
2007年は若手演出家の作品がバウホールでつぎつぎと上演された年。さて、この年に上演作品がない演出家は、つぎのうち誰?

1)大野拓史
2)児玉明子
3)鈴木圭
4)稲葉大地


◆Q8
タカラヅカ名物、大階段。ズヴァリどのくらいで使用できる状態になる?

1)約1分40秒
2)約2分
3)約2分20秒
4)約3分


◆Q9
古今東西の文豪の名作、つぎのうちタカラヅカで舞台化されたことのないものは?

1)トルストイ「戦争と平和」
2)オルコット「若草物語」
3)樋口一葉「たけくらべ」
4)ドストエフスキー「罪と罰」


◆Q10
ズヴァリ、現在の宝塚大劇場の客席数は何席?

1)2069席
2)2527席
3)2550席
4)2865席



チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>

◆Q6 3)銅橋

1)なななんと、「金橋」も存在したことがあったらしいですよ!!! 1935年につくられた銀橋の上の橋のことをこう呼んだらしい。4)歌舞伎の花道とは違って、宝塚では舞台の左右から袖に入る通路のようなところをこう呼びます。(以上、基礎ガイド40~41p)


◆Q7 2)児玉明子

1)大野先生は宙組「NEVER SLEEP」2)児玉先生は星組「シークレット・ハンター」が博多座で上演されてるがバウはなし。3)鈴木先生は月組「SECOND LIFE」4)稲葉先生は星組「Hallelujah GO! GO!」これは、れおんちゃんバウ初主演作(以上、テキスト82p~)。


◆Q8 3)約2分20秒

舞台奥の壁面(ホリゾント)に普段は立て掛けられてるのが、自動制御で約140秒で使用可能状態になるそーです(基礎ガイド40p)。


◆Q9 4)ドストエフスキー「罪と罰」

1)「戦争と平和」は1988年星組、主演は日向薫、2)「若草物語」は1980年にバウでやってる(基礎ガイド190p)。3)「たけくらべ」は1994年、信如は姿月あさと/愛華みれ(基礎ガイド186p)。4)ドストエフスキー作品で舞台化されたのは「カラマーゾフの兄弟」、「罪と罰」万が一舞台化されてたら教えてくださいあせあせ(飛び散る汗)


◆Q10 3)2550席

1)2069席は東京宝塚劇場の客席数。2)2527席は2005年の形状改善の前の客席数。4)1992年まで使われていた旧大劇場の定員が2865人(以上、基礎ガイド70p)。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »