発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« スピードは大事だ | トップページ | 名古屋で何を食ふべきか? »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍が負けたもの

朝青龍は土俵上では数々の大勝負に勝って来たけれど、相撲協会(と、その背後にあるいろんなもの)との長年の「勝負」に負けたのだ。

引退記者会見の報道をみて、そう思った。
おそらく、朝青龍本人が一番そう感じていたんじゃないだろうか。勝負の世界に生きる人が「負け」を認めたときの潔い顔をしていたし。

(それに比べて、テレビに出ていた相撲業界の権威とかいうオッサンのほうが、はるかにスケール小さくみえた)

私は相撲のことはよく知らない。
だけど、今回の朝青龍および貴乃花の一連の事件をみていて感じたのは、「相撲の世界って、尖った人材を包容できないところなんだな」ということだ。

一度ぐらい国技館に行って生の相撲をみてみたいと思っていたけど、何となくその興味も薄れてしまった。

変わり行く時代の流れのなかで、人材を育てファンを増やし、相撲という伝統競技を守り育てていくのが、協会の大事なミッションだと思うのだが。
朝青龍を押し出したのはいいけど、果たしてこの「大勝負」に勝てるんですかねえ・・・

« スピードは大事だ | トップページ | 名古屋で何を食ふべきか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍が負けたもの:

« スピードは大事だ | トップページ | 名古屋で何を食ふべきか? »