発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ガランチード | トップページ | 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2 »

2010年2月28日 (日)

「宝塚歌劇検定」予想問題を考えてみる

ふと気がついたら1カ月後の今日が「宝塚歌劇検定」じゃん~~げっそり
・・・しかも2月は28日で終わってしまうから、普通の「1カ月前」より短いという事実にようやく気づいた私。

突然ですが今日から毎日5問ずつ「予想問題」を考えてアップすることにいたします。

といっても私は阪急の回し者でも何でもありませんし、私自身が「へぇ~」「おもろい~」と思ったものを中心に出題していくつもりなので、実際にこーいった問題がでるという保証はどこにもありませんっ!
悪しからずご了承くださいまし。

では、いってみよーダッシュ(走り出す様)

チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ

◆Q1
宝塚大劇場にミラーボールが登場した時期と一番近いのはつぎのうちどれ?

1)1927年「モン・パリ」初演
2)1951年「虞美人」初演
3)1967年「オクラホマ!」初演
4)1974年「ベルサイユのばら」初演


◆Q2
現在、女性演出家は何人?

1)1人
2)2人
3)3人
4)4人


◆Q3
中国歴代の傾国の美女のうち、宝塚の舞台に登場してないのは誰?
(→この問題は誤りです。詳しくは7月24日の日記参照)

1)殷の妲己(だっき)
2)呉の西施(せいし)
3)楚の虞美人(ぐびじん)
4)唐の楊貴妃(ようきひ)


◆Q4
トップスターのサヨナラショー、さきがけをつくったといわれるスターはつぎのうち誰?

1)葦原邦子
2)寿美花代
3)真帆志ぶき
4)鳳蘭


◆Q5
意外と海外公演やってる宝塚歌劇、つぎのうち公演をしたことがない国は?

1)ポーランド
2)ミャンマー
3)チリ
4)韓国



チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ チューリップやや欠け月雪夜晴れ



<解答と解説>

◆Q1 3)1967年「オクラホマ!」初演

ミラーボールが初登場したのは1960年代といわれてるそーです(基礎ガイド41p)。ちなみに「オクラホマ!」は宝塚歌劇で上演された初の海外ミュージカルでもありますね~。


◆Q2 3)3人

植田景子、児玉明子、小柳奈穂子の3人。もっと増えて活躍して~指でOK


◆Q3 1)殷の妲己(だっき)

2)呉の西施(せいし)は2001年雪組「愛燃える」で月影瞳が演じた。3)楚の虞美人(ぐびじん)は1951年初演「虞美人」に登場、今年も桜乃彩音が演じる。4)唐の楊貴妃(ようきひ)は2004年星組「花舞う長安」で檀れいが演じた。

ちなみに骨抜きにされちゃったのは、2)轟理事、3)春日野理事ほか多数(今年はまとぶん)、4)はわたるくん。やっぱ「男の中の男」が意外と篭絡されやすい?


◆Q4 2)寿美花代

明石照子(1962年)や寿美花代(1967年)がサヨナラショーを行った先駆けといわれてるそーです(基礎ガイド58p)。
やっぱ高島忠夫さんも観に行ってたのかな~ウインク


◆Q5 3)チリ

1)ポーランドは何と戦前、初の海外公演「独伊芸術使節」(1938~39年)で訪れている。2)ミャンマーは1973年と82年に2回も! 3)中南米公演は1978年に行われているが、訪れたのはメキシコ、アルゼンチン、ブラジル。4)韓国公演は2005年、お隣のわりに一番最近の海外公演(基礎ガイド68p)。

« ガランチード | トップページ | 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2 »

コメント

なるほど!!!!
中本さんの勉強の仕方というか
試験対策の極意をみた気がしました。

相手の投げてくるボールを
事前に「読む」ですね。

解答者なんだけど、出題者の視点で
解くを中心に勉強する。

たしかに、効率的です。

あの分厚い本をどう料理するのか、
勉強方法をみた気がしました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宝塚歌劇検定」予想問題を考えてみる:

« ガランチード | トップページ | 「宝塚歌劇検定」予想問題vol.2 »