発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「情熱大陸」と「ごきげんよう」どっちに出たい? | トップページ | ツィッターやる「べき」? »

2010年2月 1日 (月)

勝負に慣れない私

「ブラウザ三国志」での領地獲得合戦は、さらに激しさを増している衝撃

オイシイ領地が密集している場所というのは、どんなに辺境であっても、必ず私以外にも誰かが目をつけるものなのだ。しかも、かなりの強敵が。
(この原則は、人税全般においてあてはまる)

そうなると、あとはスピードと軍事力の勝負である。
時間もさることながら、気力を消耗して仕方がない。

なにせ小心者の負けず嫌いなので、勝負がつくまでドキドキしてたまらないのだ。
トランプで負けるだけでも悔しくて大泣きするような子ども泣き顔だったからなあ。

たかがゲームでこの有様の私だから、スポーツ選手とか、囲碁や将棋のプロとか、本当に勝負の世界で生きている人はいったいどうなってるんだろうと最近は思う。

私のように一喜一憂してたら、とても身が持たないだろうから、おそらく、勝っても負けても常に平常心を保てる訓練ができてるんだろう。
あとは勝負を「楽しむ」余裕もあるのかな。

そーいう人を真の「負けず嫌い」っていうんだろう。
ブラ三で多少はそういう部分が鍛えられれば、明け暮れる甲斐もあるというものだけどな・・・たらーっ(汗)

« 「情熱大陸」と「ごきげんよう」どっちに出たい? | トップページ | ツィッターやる「べき」? »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝負に慣れない私:

« 「情熱大陸」と「ごきげんよう」どっちに出たい? | トップページ | ツィッターやる「べき」? »