発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 愛とは排他的なもの | トップページ | 飲みすぎる店 »

2010年2月16日 (火)

フランツル

星組「ハプスブルクの宝剣」、私の周囲の凰稀かなめファンの間では不評のようであるもうやだ~(悲しい顔)(といっても、サンプルは2人ぐらいだが)

私も観てきたけど、まあわかる気がした。
原作を読む限り、フランツル的に一番良い場面は、一番最初の登場シーン。瀕死のエリヤーフーを助けるところだと思うんだけど、そこがまるきりカットされてるからなぁ。

もしあったら、萌え場面になること間違いなしなんだけど。
ま、せいぜい原作で妄想を膨らませることにしようハート達(複数ハート)

にしても、あの金髪ロン毛鬘と、豪華すぎる衣装があそこまで似合う人は他にいないと思う。
プログラムに載ってるレースいっぱいの衣装とか、冷静に眺めるとスゴイもんね・・・ぴかぴか(新しい)

« 愛とは排他的なもの | トップページ | 飲みすぎる店 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/33448321

この記事へのトラックバック一覧です: フランツル:

« 愛とは排他的なもの | トップページ | 飲みすぎる店 »