発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 臨界点 | トップページ | 「ひとりパンダ」と「ひとり関が原」はどっちが寂しいか? »

2010年1月27日 (水)

テープ起こしってやつは

いま、ある対談の原稿をまとめるにあたって、テープ起こし(正確にはICレコーダー起こし)をやってるんだけど、この作業すると絶対に思い出してしまうことがある。

それは、キャリアカウンセラー(GCDF)の資格取得講座のことだ。
この講座では理論と実技を学ぶのだけど、実技のほうで、クライアント役の人との面談をテープにとって、それを自分でテープ起こしするっていう作業を必ずやらされるのだ。

これをやると、自分がいかに人の話を聴いてないか、とんちんかんな対応をしているか、相手の話を勝手に解釈しているか、しどろもどろな言葉づかいをしているか・・・等があからさまになる。全カリキュラムのなかでも最もツライ修羅場なのである。

似たような作業をするわけだから、やっぱり同じようなことを感じて恥ずかしくなる。
「うわー、なんてわかりにくい質問」とか、「質問しながら笑うのやめろよ~」とか、「なんか、自分が言いたいことだけ言ってるわ」とか、「ここせっかくいいこと言ってくれてるのに、もっと突っ込めよ~自分」とか、反省だらけたらーっ(汗)

あーだから取材って奥が深いし、終わるとどっと疲れるふらふら
それに比べたらテープ起こしなんて楽なもん?・・・のわりに時間がかかる。

キャリアカウンセラーの講座のときには、「えーと」「うーん」とか「・・・」とかも、できるだけ忠実に起こすようにいわれた。
今もそのクセが抜けないからだろうか。
でも、相槌とか間とかも重要な情報で、そのニュアンスも汲んで最終的に仕上げたいと思う私がいるので、仕方ありませんな~。

« 臨界点 | トップページ | 「ひとりパンダ」と「ひとり関が原」はどっちが寂しいか? »

ひとり仕事」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。私は、テープ起こしや校正・講演要約などをしている“ひとり仕事人”です。貴著「ひとり仕事術」2冊はまさに私のバイブルです。

テープ起こしは思いのほか時間がかかりますよね。まして逐語訳となればなおのこと。
もしよろしければ、ぜひお手伝いしたいです!!
ぶしつけなコメントではなはだ失礼ではありますが、ご検討くだされば幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テープ起こしってやつは:

« 臨界点 | トップページ | 「ひとりパンダ」と「ひとり関が原」はどっちが寂しいか? »