発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« テープ起こしってやつは | トップページ | 今日の日経産業新聞に »

2010年1月28日 (木)

「ひとりパンダ」と「ひとり関が原」はどっちが寂しいか?

100128panda 本日の飲み会(構成は独身男子1名・既婚男子2名・独身女子2名・既婚女子1名=計6名)でのこと。

私が、神戸の王子動物園にひとりでパンダをみにいった話をしたら、えらいウケた。
・・・もちろん、そのためだけにわざわざ神戸まで行ったわけではなく、関西方面の「用件」のついでに行っただけなのだが。

平日の昼間に30分ばかりパンダの前でぼーっとしてた。
もちろん、私以外はすべて親子連れか恋人どうし。でも、連れがいない分パンダに堪能できて案外良かったけどなぁ。すっごい癒されたし。これが首都圏だったら、ときどき行きたいぐらい。

ひとしきり「ひとりパンダ」話で盛り上がったら今度は、独身男子T君がなんと、名古屋出張のついでに、ひとりで関が原に行ったことがあるとカミングアウト。
これまた盛り上がった。

でも内心では私も「ひとり関が原」行ってみたい~と思ってしまった。
これまた彼氏と行くよりは、ひとりで西軍の陣地跡にたたずんで石田光成様揺れるハートを偲ぶのが、やっぱいいんじゃないの~?

このほかにも、おすすめの「ひとり○○」があったら是非教えてください。
まとめて本にしますから(≧∇≦)

« テープ起こしってやつは | トップページ | 今日の日経産業新聞に »

ひとり仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとりパンダ」と「ひとり関が原」はどっちが寂しいか?:

« テープ起こしってやつは | トップページ | 今日の日経産業新聞に »