発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 周防大島レモン | トップページ | 困ってしまう年賀状コメント »

2010年1月 5日 (火)

ヅカ版「相棒」

ドラマシティで「相棒」みてから、東京に戻ってきました。
いやいや、面白かったですよ、なかなか。

真飛さんの右京さん、あの独特のキャラを宝塚の舞台らしくうまくアレンジ。何より、一見タカラヅカっぽくない主人公をじつに楽しそうに演じてるのが好感が持てた。
おなじみの登場人物も忠実に再現されてて、ドラマみてる人なら「そうそう!」と頷きながら見られること間違いなし。

一幕はおもに「相棒」というドラマのグラウンドルールの説明に終始していて、ドラマをみてる人は少しまどろっこしく感じてしまうかも。これも「相棒」初心者には必要なことなのだろう。
でも、二幕のスピーディな展開はお見事!

石田作品のお約束(?)、笑える書き割り背景も健在で、「ヨドバッカメラ」の看板は要チェック。

でもね~。
今回は「良くも悪くも」ドラマにとっても忠実。
「逆転裁判」や「太王四神記」のときは、ゲームやドラマの世界を忠実に描きつつも、ゲームやドラマのファンの人たちに、「これぞヅカワールドじゃ~、くらえっ!野球と、投げ返すボールがあった感じがした。でも、今回はそれがあまりないのがちょっくら物足りない。

私はドラマ「相棒」は3話ほどしかみてない(うち1話はお正月の檀れいちゃんが出演したバージョン)のだけど、熱烈「相棒」ファンの皆さんは、このヅカ版をみて、どう感じるんだろうな。

« 周防大島レモン | トップページ | 困ってしまう年賀状コメント »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!!
毎日拝見させて頂いてます。

僕も昨日相棒の舞台を観てきました。
ドラマは全く観たことがなく、
1幕は説明に終始してたんですねー。

ストーリーのオチがイマイチな感じも
しましたが、全体的に楽しく面白くって
印象です。

ハプスブルクがムズカシイ舞台なら、
相棒は何も考えないで観劇できる。

どちらもタカラヅカの魅力ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/32873314

この記事へのトラックバック一覧です: ヅカ版「相棒」:

« 周防大島レモン | トップページ | 困ってしまう年賀状コメント »