発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 三国志で学ぶ軍事外交 | トップページ | いかん・・・ »

2009年12月10日 (木)

月組新公もらい泣き(ToT)

月組「ラストプレイ」新人公演。
本公演は瀬奈じゅんさんのサヨナラ公演だが、新人公演もまた、明日海りおさんの新公卒業公演でもある。

シンプルなだけに、細やかな芝居心が問われる作品だが、脇役に至るまで、月組の若手の芝居の上手さにうならされた。

印象に残ったのは、ジークムント(紫門ゆりや)&ヴィクトール(貴千碧)のコンビ、ローレンス(鳳月杏)・ベレッタ(瑞羽奏都)ら裏社会チーム、名前がわからないけどピアノ屋さんのコンビなどなど。ムーアの珠城りょうさんは研2とは思えない大物っぷりで、今後の月組新公でも注目の存在になりそうだな。

そしてラスト。
アリステア(明日海りお)が新たな旅立ちを想ってひとり銀橋で歌う場面。
必死で涙をこらえて歌うりおちゃんをみて、思わずもらい泣きしてしまったたらーっ(汗)

ここ1~2年、とりわけ与えられる課題が多かった彼女。
だからこそ、つらかったことや嬉しかったことを思い、また、これから続く新たな道程を思い、流した涙だろう。

宝塚の男役スター道は、新公卒業してからがまた、一勝負である。
きっと、一筋縄でいかないこともあるだろうけど、笑顔を絶やさずがんばって欲しい。

« 三国志で学ぶ軍事外交 | トップページ | いかん・・・ »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/32567454

この記事へのトラックバック一覧です: 月組新公もらい泣き(ToT):

« 三国志で学ぶ軍事外交 | トップページ | いかん・・・ »