発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 文楽鑑賞教室 | トップページ | 世の中狭いと思った話 »

2009年12月13日 (日)

これぞネトゲ

mixi版「ブラウザ三国志」に急激にハマっている今日このごろ。
なにせこのゲームには、これまでの私が体験したことがない機能があるのだ。

それは「同盟」という機能。
まったく知らない者同士が互いに協力し合い、城や砦を落としたりする。
気心の知れたマイミク同士でよろしくやり合うサン牧の世界とは全然違う。バーチャルな世界がぐっと外向けに広がった感じだ。

このゲームは、許昌や長安といった7つの都の城を誰かが落としたときに終了するらしい(約4ヶ月だそうだ)。むろんひとりでそんなことができるわけもなく、同盟員の一致団結は不可欠だ。

同盟のなかにもいろんな雰囲気のものがあって、「真剣に天下取りを目指してます。前向きな人、大募集!」てなものもあれば、「とりあえず皆で楽しくやりましょう」ってのもある。

まかり間違って真剣な同盟に加入しようものなら、義務や命令が次々と課されて大変そうだ。だけど、自分が加入した同盟の盟主が他の同盟にやられてしまったら、盟主もろとも「配下同盟」にされてしまう。

まさに、どの同盟に加入するかが死活問題!!げっそり
第6ワールドの私はすごい辺境にいるので、のんびりしたものだったけど、金曜日に始まったばかりの第10ワールドにふと登録してみたら、いきなり都のお膝元の大激戦地にお城ができてしまった。

それから数時間もたたないうちに、あちこちから同盟のお誘いが来て、さあ大変!! オタオタしてるうちに、私のすぐ隣に陣取る強力な君主から、

「率直にいいますが、うちの同盟に入りませんか? ていうか入って欲しいんですけど」

という書簡が届き、長いものに巻かれるかの如く、この同盟に加入してしまったたらーっ(汗)
そのうち私も、同盟の一員として天下を目指しちゃったりするのかなたらーっ(汗)たらーっ(汗)

以前「ネトゲ廃人」という本に、このバーチャルな人間関係のなかで生まれる様々なドラマや問題のことが書いてあったけど、まさに、これがその世界なわけ?

小心者アラフォーの私はこれしきのことでビクビクふらふらなのだが、もしかしてネトゲ慣れしてる若い世代の皆様方(たぶん)は、ごくフツーに淡々とふるまってるところがすごい~。

やがて、こうしたバーチャルなコミュニケーション・スキルが必須の時代が来るのかも?
そのときのために今から訓練しておくのも悪くはない・・・か(ハマる自分への言い訳あせあせ(飛び散る汗)

« 文楽鑑賞教室 | トップページ | 世の中狭いと思った話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞネトゲ:

« 文楽鑑賞教室 | トップページ | 世の中狭いと思った話 »