発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 今さら妄想:ヅカ版「鴨川ホルモー」 | トップページ | 「マニュアルどおり」が生きがいの人 »

2009年11月21日 (土)

筝でヘトヘト

「アラフォーの手習い」で筝をはじめて2年7ヶ月が経つ。
最近よく「もうそろそろ挫折した?」と聞かれるが、ノンノン!
まだまだがんばってますヨ~ウインク

で、今日もレッスンだった。
私が習ってる先生は、おそらく日本中のすべての筝演奏家のなかで最もパワフルな演奏をする人と思われる。

その指導も常に「より強く、より速く」・・・って、オリンピックじゃないって?
先生がいつもおっしゃるのは、
「フォルテが出せなければ、表現の幅は広がらない」
ということ。これは筝に限らずどんな表現の世界も同じかしらと思う。

今日はがんばって練習していったし、ちょっぴり自信もあったのだが、先生を前にして演奏すると、またしてもその自信は無残にも打ち砕かれたげっそり

パワーが・・・全然違うのである・・・たらーっ(汗)

いつもあのパワーで練習すればよいのだが・・・どうしても自分に甘くなってしまうんだよな涙

そして今日もまた筝でヘトヘト、汗びっしょりあせあせ(飛び散る汗)
帰りに思わず「たい焼き」買って栄養補給である。


筝をはじめてから、指相撲と腕相撲はかなり強くなったと思う。
それがアラフォー女子の人生にどんな幸福をもたらすのかは謎だが・・・。

我こそはという人、こんど対戦しましょう~指でOK

« 今さら妄想:ヅカ版「鴨川ホルモー」 | トップページ | 「マニュアルどおり」が生きがいの人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筝でヘトヘト:

« 今さら妄想:ヅカ版「鴨川ホルモー」 | トップページ | 「マニュアルどおり」が生きがいの人 »