発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« のし上がる女 | トップページ | 意外にも「外伝ベルばら」を楽しめてしまった理由 »

2009年11月15日 (日)

市川発ブラボー♪

今週末は珍しく(いや本当に)タカラヅカまみれの週末である。

まず昨日土曜日は、市川にて雪組全国ツアー初日「情熱のバルセロナ/リオデブラボー」。


首都圏の公演がここしかないこともあり、また、トップスター水夏希様のご当地でもあり、超々チケット難の公演ふらふら
あきらめかけていたところ、たまたま譲ってくれる人が現われて、急遽観劇がかなったのでしたクローバー

お芝居「情熱のバルセロナ」は脇役に至るまで一人ひとりの芝居の上手さが印象に残る作品。これで「雪景色」組がゴッソリ抜けてるんだからホントに層が厚いよね。

そんな中、水さん演じるフランシスコは「すべては君のせいだろ~」とツッコミを入れたくなる直情青年だけどいいんです。それが許されるのがスターの証ぴかぴか(新しい)というもの。

ゆみこ執事(=彩吹真央さんね)演じるルイス伯爵は、初演では脇役系の人の役だったからどーなることかと思ったけど、これがもう大人のいい男で~目がハート 私のなかでは「アンナカレーニナ」のカレーニン氏、「哀しみのコルドバ」のロメロ氏と並ぶ「三大オトナのいい男」に位置づけられましたわ。

あと特筆はやっぱりハマコ先生(未来優希副組長)のエドワルド大公でしょう!! この1年エロオヤジ専科のハマコ先生だが、まさにその集大成ともいえる芝居。あの紫のガウン姿のブロマイドがあったら買いたいぞ~ハート達(複数ハート)


ショーでは、客席のポンポン所有率がほぼ100%だった!!!
なかに、色近いの青いポンポンを持ってひときわ盛り上がってる一群がいたのだけど、水さんの母校、千葉女子高校の人たちだって。こういうのも全国ツアーならではでいいなって思った。

そんなわけで、ただでさえテンションの高いショーなのに、千葉女軍団はいるし、私が観た回には大地真央さん&黒木瞳さん(「情熱のバルセロナ」初演のトップコンビですな)、さらに真矢みきさんまでいたらしいし、初日とは思えないテンションの高さで、めちゃめちゃ楽しかったわーい(嬉しい顔)
この調子でいったら梅芸の千秋楽はいったいどうなってしまうんでしょう?

終演後は、本八幡の焼き鳥屋で今後の人事に関するミーティングをして帰りました。


そして今日。
これから噂の花組を観に行ってきます・・・・・・・・・・・・・

(その前にこうしてブログ書いて、夕べからのテンションをクールダウンせずにはいられない私なのでしたたらーっ(汗)

・・・よし!
気持ちの整理もついたし、行ってきま~す!

« のし上がる女 | トップページ | 意外にも「外伝ベルばら」を楽しめてしまった理由 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/32219775

この記事へのトラックバック一覧です: 市川発ブラボー♪:

« のし上がる女 | トップページ | 意外にも「外伝ベルばら」を楽しめてしまった理由 »